がん保険の超初心者ガイド










ベストながん保険を選ぶために

自分に最も適した保険を選ぶことが最重要です

がん保険選びは、今後の人生に大きく関わる選択肢となるため、自分に最も適したものを選ぶことが求められます。
まず重要なポイントとして挙げられるのは、「保険期間であったり、種類ごとに、それぞれの保障内容をしっかりチェックしておく」ことです。

「定期型」か「終身型」かを決める必要がある

定期型は、おおむね保険が「10年」ほどで満了となります。
そのため、加入する年齢が高くなるほど、それに応じて掛け金はアップします。

終身型は、加入した段階から保険料が変わることはないので、長期間の保障については適しています。
しかし、終身型のがん保険は、定期型と比べて価格が高くなっています。

がん保険に入ろうと考える際に、「終身型」のタイプを選ぶか「定期型」のタイプを選ぶかは、とても悩ましい問題となっています。

では、どのように選べば良いのでしょうか?

まず、「がん」というものがどのような病気であるかを知っておく必要があります。
がんというのは、どのような方でもかかってしまうリスクのある病気です。そして年齢に比例して、その確率は上がってきます。つまり、人生を送る上で、がんという病気はどんな方でも発症してしまう危険性があるということなのです。

トータル面で考慮するならば、比較的、「終身型」のタイプがオススメであると言えるかもしれません。
そして、加入する際には、それぞれの保険会社や、保険の種類をしっかり比べて、最も合ったものを選びましょう。

その際の比較するポイントは、

  • 「給付金の受け取れる回数は何回か」
  • 「通院時の給付金や、退院時の給付金などは保障されているか」
  • 「あらゆるタイプのがんが対象に含まれているか」

などといった、保障の内容についてや、主な給付金などについてです。

2種類のがん保険のタイプ

他の医療保険と同様、がん保険にも「貯蓄型」と「掛け捨て」の2種類があります。これはつまり、解約時に「返還金」が支払われるタイプか、そうでないタイプかの違いです。そのため、がん保険を選ぶ際には、ドチラにするか熟慮するべきです。

掛け捨てタイプのメリットは、多くの場合において、保険料が安くなっている点でしょう。もし、あまり家計に響かせたくないのだとしたら、コチラのタイプの方が適しているかもしれません。
今の時代では、「貯蓄型」のがん保険と「掛け捨て」のがん保険を比べた際に、掛け捨て型に入っている方が上回っているようです。

一方、「貯蓄型」のタイプですが、コチラは途中で解約をした際には、最初に支払った掛け金のおよそ「半額」程度が「解約金」として手元に戻ってくるのです。
しかし、もう一方のタイプと比べると、保険料が高くなっているという点には把握しておく必要があります。

ではこれらのドチラが適しているかという話になりますが、自分がもしも、がんとなってしまった際に、気持ちの面で負担とならずに、治療に専念できるようなタイプが適していると言えます。
年齢を重ねるにつれて、入院して治療を行うケースが増えますので、保険料が安く、なおかつ長期間に渡って適用されている掛け捨て型の保険の方が、先を見据えた上では手堅いチョイスであると言えます。

国内タイプと外資系タイプ

保険会社についても、国内の会社であったり、外資系の会社などの売り出しが活性化してきていますが、この2つのタイプの保険会社は、どういった判断基準で選ぶべきなのか、これも悩みどころであると言えます。では、これらの違いについて考えていきましょう。

この2つのタイプの相違点は、「それらの商品がどのように販売されているか」です。
国内の保険会社が、主に「販売員の女性」がダイレクトに商品説明を行って販売するケースが多いですが、それに対して外資系の会社に関しては、新聞であったりTVであったりの広告、そしてダイレクトメールなどを役立てて販促活動を行っています。
こういった事から、外資系タイプについては、保険を売る上での経費の削減ができていると言えます。

これは実際に入ってみて気付く事ですが、外資系タイプについては、「人件費」をできるだけ削減するという方針をとっています。ですので、お客さんとの伝達のやり取りは、電話であったりメールであったりに限られています。

それに対して、国内タイプについては、それぞれの会社の営業職員などがお客さんとのやり取りを行っていますので、がん保険に熟練した顧客係の方が接してくれるのです。
このようなメリットもありますので、一概に価格が安いだけという理由で保険会社を選択しないほうが良いかもしれません。

検討する上での大事な要素である「途中で解約する際の解約金について」や、「保険金の支払いが行われる際に、どういった対応が行われるのか」などについて、確かめる必要があると言えます。
そのためには、それぞれの「国内タイプ」と「外資系タイプ」の口コミについて掲載されているホームページをチェックして、実際に利用している方の生の声を役立てて選ぶのがベストです。