がん保険の特徴とメリット | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の特徴とメリット

がん保険について知る

ガン保険の必要性について

がん保険がどのようなものであるか、そしてどのような役割を持つ保険であるかについて紹介していきます。
もしも貴方ががんにかかってしまい、入院であったり手術であったりを受けた際に、それぞれに対しての「給付金」が支払われるのががん保険のシステムです。

同じような役割を持つ保険には「傷害保険」や「医療保険」が存在します。しかし、医療保険が、「ケガと病気に保障がある保険」で、傷害保険が「ケガに保障がある保険」のなに対して、がん保険は数ある病気の中でも「がんのみ」を保障してくれる種類のものです。

上の図をご覧頂ければお分かりいただける通り、「医療保険」の保障は、「病気全般」が含まれています。そのため、がんで手術であったり入院であったりをした際にも給付金を得ることができるのです。
これと同じように、「生活習慣病」であったり「三大疾病」に対しての保険であったり特約に関しても、がんに対しての保障も入っているのです。

  • それならば、どうしてがんにのみ適用される専門の保険があるのか?紹介していきます。

がんのリスクに対応する保険

がん保険が、なぜ必要であるかと言う点について、いくつかの要項を列挙して解説していきましょう。

がんは死に大きく関わってくる病気である

まず「がんは死に大きく関わってくる病気」であるということが挙げられます。
他の病気よりも生死に関わるリスクが大きい病気ががんですので、しっかりと対処するための準備が求められるのです。

がんは発症率の高い病気である

次に挙げられるのが「がんの発症率の高さ」です。
がんという病気は、ここ日本ではおよそ「半分」の方がかかるという、とても身近な病気です。
2人に1人かかる病気であるからこそ、備えが必要なのです。

がん治療には高額な治療費が必要です

そして「治療にかかる高額な治療費」も無視できません。
がんの治療に費やされるお金は、「およそ平均100万円」となっています。
そのため、一般的な医療保険でけではカバーできない費用面での危険性を持っている病気なのです。

がんの治療療養には時間が長くかかります

最後の理由は「治療や療養にかかる期間が長引く可能性が高い」という点です。
がんは再発であったり転移であったりの可能性の高い病気ですので、完全に治るのに、おおよそ5年間が要するとされているのです。
そして、その期間にも、検査であった通院などを余儀なくされる場合が多いです。

  • 上記の様々な「資金面でのリスク」に対処するためにも、がん保険は必要とされるものなのです。

がん保険の特性について

がん保険の医療保険との違いは、「がん」に対してのみ保証している点です。そのため独自のサービス内容をもっています。
ここでは、がん保険の特徴について紹介していきましょう。

まず挙げられるべき特徴は「医療保険と比べて保険料が安い」という点です。これは全ての病気をサポートする医療保険に比べて、がん保険はがんに特化したものであるからです。

その事から「がんへの保障内容がしっかりしている」点も特徴です。がんにのみ特化した保険ですので、入院給付金が日数で制限されているといった事もないのです。

そして「がん特有の治療に準えた、特有の保証がある」という点も特徴です。その特有の保証には「診断給付金」であったり「特定治療給付金」などといったものが挙げられます。

さらにがん保険の特徴として「保障が始まるまでに待ち時間がある」のも、がんという病気ならではのものです。待ち時間には「90日間」であったり「3ヶ月」などといったものがあります。

そしてがん保険は、いくつもの保険会社が販売しているサービスです。
それぞれの会社ごとに内容も異なりますので、様々な保障内容をミックスしたプランであったり、加入者自身がそれぞれの保障内容をブレンドして自分に適したものを作ることができるものが増えています。

各種の保障内容がどのような時に受け取れて、どういう状況に対して活用できるのかを、しっかり把握した上で、自分に最適なのはどの保険であるのかを吟味してみましょう。