がん入院給付金は絶対に調べておくべし | がん保険の超初心者ガイド










がん入院給付金は絶対に調べておくべし

がん保険では入院給付金が大事だと言われています。
一般的には診断一時金が重要視されているのですが、あえて入院給付金が大事だとされる理由について考えていきましょう。

がん保険における入院給付金って?

がん保険における入院給付金というのは、がんの治療で入院をした場合に支払われる給付金のことです。
基本的にがん保険の場合は日数が無制限となっているのがほとんどなので、覚えておくと良いでしょう。

何故、入院給付金が大事なのかと言うと、上でも書きましたが診断一時金の金額設定が入院給付金の日額を100倍したものというのが多いからです。

つまり、入院給付金の額によって、一時金で支払われる額も異なってきますので、ここは重要視しておきたいと言えるでしょう。
一般的ながん保険では入院給付金の日額は1万円~2万円となっています。
この額が一時金の基本になるのですが、中には3万円や4万円まで支払われるという高額設定が可能な保険もあるのです。
その分、保険料は高くなってしまいますが、受け取ることができる一時金の額は大幅に増やすことができるでしょう。

入院給付金と手術給付金の関係って?

がん保険では、がん治療のために手術を受けた場合、支払われる手術給付金があります。
この手術給付金も多くは1回の手術に対して10万円や20万円といった形が多いのですが、実は入院給付金の日額がベースとなる保険もあるのです。
診断一時金の場合は日額の100倍というものでしたが、手術給付金の場合は20倍と設定されるのが一般的だと言えます。
つまり、基本的な入院給付金の日額をベースとした場合は、固定の金額とあまり変わらないと言えます。
しかし、入院給付金が高額設定できるケースですと、大きく受け取ることができる給付金が変わってきますので、覚えておくと良いでしょう。

基本的にがん保険では、あまり重視されない入院給付金ではありますが、保険の種類によってはかなり重要視するポイントにもなりうるのです。

ここを忘れていると、大きく損をしてしまう可能性が出てくるでしょう。