がん保険は口座振替扱の方法が良い? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険は口座振替扱の方法が良い?

がん保険の保険料支払いを口座振替扱にしたいと思ってる方もおられるかもしれません。
口座振替扱いは確かにとても便利な支払い方法ですが、メリットとデメリットは両方ともあるので、どちらも確認してから利用するようにしましょう。

がん保険における口座振替扱とは

がん保険における口座振替扱とは、保険料の支払方法の一つで、保険会社と提携している金融機関に口座を持ち、その口座から自動的に保険料を引き落としていく形で支払いを行っていく方法のことです。

保険料の支払い方法としてはとても一般的なものであり、がん保険以外の分野でも利用する機会が多い支払方法でもあります。
特長としては、保険料の月払いでよく活用されることが多いことですが、ちなみに解約返戻率についていえば、月払いよりまとめ払いにしたほうが率が高くなるといわれています。
なお、口座振替扱にはメリットもあればデメリットもありますので、他の支払方法から切り替えるときはその点をよく確認しておきましょう。

口座振替扱のメリットとデメリット

がん保険の支払いを口座振替扱にするメリットとデメリットについて見ていきましょう。

  • まずメリットですが、口座振替にすると保険料が自動的に振替えられるので、納付するために自分で金融機関の窓口に出向く必要がなくなり、利便性が良くなります。

  • また、うっかり月々の支払いを忘れてしまう人もいますが、口座振替扱にしておけば、支払いを忘れても安心です。

    一方で、口座振替扱を利用できるのは口座にお金があることが前提ですから、常に残高不足にならないよう口座にお金を入れておかなければなりません。

    • もし残高不足で支払いができなければ、最悪保険契約を失効してしまうこともあるので、この点はデメリットだといえるでしょう。

    • なお、保険料支払を選択するときは、契約の保険会社の約款なども見ておくようにしてください。
      また、振替えができなかった場合の契約の解除や失効については、保険各社で対応が異なりますので、その点もあらかじめ確認しておきましょう。