悪性新生物って実際に知っている?悪性新生物の基本 | がん保険の超初心者ガイド










悪性新生物って実際に知っている?悪性新生物の基本

がんというのは一般的にも浸透している病名なのですが、正確にはなんというのか知らない人も多いでしょう。
ここではがんの基本的な知識について解説していきます。

悪性新生物ってなんのこと?

基本的にがんというのは誰にでも起こりうる病気です。
日本国民の2人に1人はがんになるとも言われており、国民病であると言っても過言ではありません。
人間の体内に腫瘍と呼ばれるものができることがあります。
この腫瘍が良性であるのか悪性であるのかが非常に重要になってくるのです。
ちなみに良性腫瘍の場合は、増殖が遅く転移もしないことから治療をしなくても問題ありません。
問題になるのは悪性腫瘍です。
この悪性腫瘍のことを悪性新生物と呼んでおり、一般的にはがんと呼ばれます。

  • 悪性新生物は良性腫瘍とは違って、周囲の細胞を侵食していき、増殖を繰り返していく特徴があり、さらには他の部位に転移するのです。

  • 結果、病状が深刻化していき、最終的には生命の危機にまで発展してしまいます。

    悪性新生物が発生する原因はなに?

    どうして悪性新生物が誰にでも起こりうるものなのかについて考えてみましょう。
    人間の体内では生きているだけでたえず細胞分裂が行われていて、どんどん新しい細胞が作られています。
    細胞の設計図であるDNAがきちんと複製されていれば問題ないのですが、実は健康な人でもDNAの複製にエラーが起こることがあるのです。
    このエラーによって生まれた異常な細胞は死滅することが多く、残ったとしても免疫細胞によって破壊されてしまいます。
    しかし、まれに生き残ってしまうものがあり、これが悪性新生物となるのです。

    では、DNAの複製エラーが起こってしまう原因について考えてみましょう。
    これはハッキリとしたものはまだわかっていません。
    ですので、これが影響あるのではというものが沢山あり、それらが複合で起こることなども指摘されています。

    • 具体的にはウィルスによるもの、化学物質によるもの、放射線によるもの、などです。他にも生活習慣によって発病のリスクが高まるとも言われており、多様なことが原因としてあげられているのがわかります。