先進医療給付金とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










先進医療給付金とは何ですか?

先進医療と聞けば何か凄い治療法のように思えますね。
がん保険でも、この先進医療給付金について耳にすることが多いですが、この先進医療とはどんなものなのか、そして、がん保険の先進医療特約は必要なのかどうかなども、ここで詳しくご紹介しましょう。

がん保険の先進医療給付金って何!?

大学病院では、日々、がんなどの難病の治療のための新しい手術や診断方法が研究、開発されています。
この中で特に実績を積んで、確立された技術だけが、厚生労働大臣からの承認を受けて、先進医療と認定されます。
がんの先進医療を受ければ、身体に一切メスを入れずに、副作用なども最小限で、がん治療を受けることが可能になります。

しかし、先進医療の技術料は、非常に高額です。

がんの陽子線治療や、重粒子線治療では、およそ300万円程度の費用がかかります。

万が一、がんになった場合、だれもがこの先進医療を受けたいと思うことでしょう。ただ、これらの先進医療の技術料は、健康保険の対象外となります。
先進医療を望む場合には、全額自己負担となるのです。
どんなに先進医療を受けたくても、このような高額の治療費をすぐに用意出来る人は少ないでしょう。

こんな場合に備えるのが、がん保険の先進医療特約です。
がん保険の先進医療特約を付けておけば、先進医療給付金を受け取ることが出来ます。
経済的な負担なく、安心して最新のがん治療を受けることが出来るのです。
先進医療の実費を通算で1000万円まで保障してくれるがん保険が多いようですが、中には、通算で2000万円までを保障してくれる商品もあるようです。

がん保険の先進医療給付金は必要?

このように高額な治療費を保障してくれる給付金ですから、保険料もかなり高いのではないかと思ってしまうのではないでしょうか。
実は、先進医療特約は、どの保険会社の保険でも、月額100円程度とかなり安くなっています。
どうしてこんなに安いのかと言えば、先進医療の対象となるがんが、とても少ないからです。
保険というのは、加入者の支払う保険料と、支払われる給付金の総額でバランスを取っています。

つまり助け合いの制度が保険ですから、月額100円程度の保険料で、数百万円もの先進医療給付金が成り立つということは、給付金を受け取る確率がそれだけ低いということです。

万が一の場合には、毎月の保険料の負担が小さく、高額な先進医療を受けることができるのですから、かなりお得な保険と言えます。
ただ、先進医療特約のためだけに、加入中の保険を解約してまで加入する必要もないでしょう。
これからがん保険に加入される方であれば、先進医療特約も付けておけば安心でしょう。