がん保険の契約年齢について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の契約年齢について

がん保険に入るとき、必ず注意しておきたいポイントの一つが契約年齢です。
契約年齢が変われば、契約上の条件やメリット・デメリットも変わってくるので、加入者はここを用心しておかなければなりません。
今回はそのうちの二つのポイントを紹介しますので、必ず加入前に確認しておいてください。

契約年齢で保険料が異なる

まずどうしても最初に確認しておきたいのは、契約年齢によって保険料が異なることです。
保険料は何歳で加入しても同じだと思ってる人もいるかもしれませんが、それはまったくの誤解です。

がん保険の世界では、年齢が上がれば上がるほどがんになるリスクが高まるので、それを鑑みて、若い年齢ほど保険料が安く、年齢が上がるほど保険料が高くなる仕組みになっています。

例えば、平均的なデータでいえば、20歳では月額保険料が750円程度で済みますが、30歳になると920円、40歳で1350円、50歳では2390円、そして60歳になると一気に4580円に跳ね上がります。
保険各社で実際の保険料には違いがありますが、おおむねどこでも、年齢が若ければ安くなり、年齢が上がれば保険料は高くなっていきます。
このように、契約年齢で保険料が異なる仕組みについてよく覚えておくようにしましょう。

契約可能年齢について

がん保険と契約年齢においては、契約可能年齢のことも忘れてはなりません。
これはどういうことかといえば、年齢によって、そもそもがん保険に加入できない人もいるということです。

これは各保険会社によって対応が異なりますが、契約可能な年齢をそれぞれに定めています。
例えば、ある会社では70歳まで保険契約できるところもあれば、別の会社では69歳までしか契約できないところもあります。

この点を考えると、生涯の保障を得るためには、定期保険よりも終身保険のほうが安全だといえるでしょう。

定期保険では、若いうちは保険料が安いなどメリットがありますが、契約可能年齢の上限に達すると契約更新ができなくなるというデメリットがあります。
その点、終身保険なら年齢に関係なく生涯中ずっと保障されます。