がん保険は契約した日からすぐ保障が開始する保険なのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険は契約した日からすぐ保障が開始する保険なのでしょうか?

保険に加入する際には、契約手続きをして、実際にいつから保障が開始されるのかは、しっかりと確認しておきたいポイントですが、がん保険は、契約した日からすぐに保障が開始される保険なのでしょうか。

実は、がん保険は、一般的な保険とは保障が開始される時期が違います。
契約をしたとしても、少し遅れて保障が開始されるのが、がん保険です。
どうして少し遅れて保障が開始されるのか、開始される時期はいつなのか、について詳しくご紹介します。

がん保険の保障が開始される日は、一般的な保険とは違う!

保険会社の保障の責任が開始される日のことを責任開始日と言います。
この責任開始日は、申し込み書と健康状態の告知・診査、そして第一回目の保険料の払込みの3つが揃った日です。

一般的な保険では、この3つが全て揃った日が保険会社の保障が開始される日となります。
申し込み書を提出しても、告知や医師の診査が遅れたり、保険料の払込みが遅れた場合には、保障が開始されません。
また、保険料の払込日は、通信販売の保険の場合、クレジットカードも利用出来ます。
クレジットカードを選んだ際には、クレジットカードの有効性が確認された日が保険料の払込日と判断されるようです。
この3つが揃った日が一般的な保険の保障が開始される日になるのですが、がん保険には、さらにここに条件が加わります。
3つの条件が揃った日から、さらに90日間、または3ヶ月間の待ち時間が設けられています。

つまり一般的な保険の責任開始日から90日間後から保障が開始されるのが、がん保険です。

ではどうしてこのような待ち時間が、がん保険にはあるのでしょうか。
この理由は、がんには自覚症状がないケースも多いため、健康状態の告知のみでは十分に公平性が保たれないからです。

つまり健康状態を告知する時点で、がんになっているケースも大いにあるというわけです。
ですから90日間の待ち時間を設けてから、その期間になにもなかった健康な人を保険の対象にすることで、公平性を保っているというわけなのです。

がん保険加入で注意したいこと

がん保険は、契約した日からすぐに保障が開始されるわけではないので、90日間の待ち時間の期間にがんが見つかった場合には、契約自体が無効になります。
つまりがん保険に加入したと思っていても、待ち時間があるので、この期間にがんが見つかり入院などをしても、保障の対象にはならないのです。

健康状態の告知でのウソや間違いがある告知義務違反がなければ、契約自体が白紙になり、支払い済みの保険料は戻ってきます。

がん保険の見直しなどで、他の商品に変更する際にも、新しい商品の待ち時間が過ぎてから、これまでの商品の解約をしないと空白の期間が出来てしまいますから注意が必要です。