既往症があっても、保険に加入できますか? | がん保険の超初心者ガイド










既往症があっても、保険に加入できますか?

持病を持っていたり、現在の健康状態が悪く入院を伴うような場合には、がん保険に限らず、一般的な医療保険でも加入の障害になります。
特にがん保険の場合には、がんに関する持病、既往歴がある場合には、加入が難しくなったり、条件付きの加入になったりします。
ここでは既往歴があってもがん保険に加入できるのか、そして、がん保険の引受基準緩和型保険についてもご紹介します。

既往歴があっても保険に加入できる?

がん保険の場合には、軽度異形成や良性のポリープなどでも、2年から5年程度の経過観察期間が必要となります。
また、既往歴の中でも特に過去にがんを発症して、がん治療の経験がある場合には、がん保険の加入はかなり難しくなるでしょう。

また、もしもがん保険に加入できる場合でも、10年間の経過後などの条件が付けられます。

  • また、持病や既往歴があるものの、保険会社の診査に通り加入できたとしても、毎月の保険料が通常よりも高くなっていたり、保障される金額も少なくなることが多いようです。

  • このように、あまりにも不利な条件が多くつくような場合には、いっそ、がん保険には加入は諦めて、自分で掛け金分を口座に貯蓄しておき、万が一の備えにした方が良いケースもあるでしょう。
    がん保険の加入時には、医療保険などと同じように告知義務があります。
    健康診断でも割と良く見つかる良性のポリープでも、がん保険の加入の際には、きちんと告知するようにしましょう。

    万が一、がんと診断された場合に、この良性のポリープを告知しなかった事が告知義務違反となり、給付金が受け取れないなどのペナルティを課せられることもあるので注意が必要です。
    持病や既往歴のある方は、通常の保険プランには当てはまらないことが多く、条件つきの加入になる可能性が高いでしょう。
    複数の保険会社に審査を通すなどして、いろいろと比較してみるのも良いでしょう。

    がん保険の引受基準緩和型保険

    がん保険には、がんの既往歴がある人でも、引受基準を緩和して、加入しやすくなる引受基準緩和型保険という商品もあります。

    • 引受基準緩和型とは告知内容や健康診断が、通常よりも緩く設定されているプランのことです。

    • 告知内容は、例えば、最近6ヶ月以内に病気で手術や入院をしたことがある、または、最近6ヶ月以内に病気が原因で医師からの検査や診察を受けて入院や手術を薦められたことがある、などです。
      このような保険会社の用意した告知内容が幾つかあり、全て「いいえ」であれば、加入が認められます。
      引受基準緩和型保険でも、引受基準の易しいものから厳しいものまで、商品によってさまざまです。