本人の希望でがん告知をしない場合、保険金の受取人は誰になりますか? | がん保険の超初心者ガイド










本人の希望でがん告知をしない場合、保険金の受取人は誰になりますか?

がんと診断された場合には、がん診断給付金や手術給付金、入院給付金や通院給付金などが保険会社から支払われます。
高額になるがんの治療で、とても役立つ給付金ですが、本人が、がんの告知を希望していないケースもあるでしょう。
そんな場合には、これらの保険金の受取人はいったい誰になるのでしょうか。

がん保険の契約者、被保険者、受取人について

がん保険に加入する際には、契約申込書を記入しますが、この用紙には、保険契約者と被保険者を書く欄があるかと思います。
保険契約者とは、保険の契約者ですから、保険の契約内容の変更や、解約ができます。
保険の対象者となるのが被保険者です。

そして給付金受取人という欄もあります。
これは保険金を受取る人のことで、死亡保険の場合には、被保険者と給付金受取人がことなるケースが大半です。
しかし医療保険やがん保険の場合には、契約者も被保険者もそして、受取人も同一である場合が一般的です。

ただ夫が契約者で、妻が被保険者、夫か妻が給付金受取人であるケースもあるでしょう。

  • 契約者と被保険者がこのように異なる場合には、給付金の受け取りの際に、税金がかかる可能性があります。

  • 本人の希望で、がん告知をしない場合はどうなる?

    がん保険に加入していたとしても、万が一、自分ががんになったとしても、がんを告知しないで欲しいと希望している人もいるでしょう。
    このような場合、被保険者と保険金の受取人が異なる場合には何も問題はないのですが、被保険者と保険金受取人が同じ場合にはどうすればいったい良いでしょうか。

    本人にがん告知するケースが最近では増えていますが、中には必ずしも本人に告知していないケースもありますし、本人の希望でがん告知をしないでおく場合もあるでしょう。
    もしもそんな場合に、本人の口座にがん保険の給付金が振込みされていれば、本人にがん告知をしているようなものです。
    いくら家族や医師が、がんであることを黙っていたとしても、がん保険の請求書類が本人宛に届くことになりますから、本人がこれを目にする可能性も高いでしょう。

    これは本人にとって大きなショックとなるでしょう。
    大きなショックは免疫力の低下にもつながります。
    がん患者の免疫力を低下させることは避けたいですから、契約時には、このあたりもきちんと確認をしておきたいところです。

    • がん告知を希望していないのであれば、がん保険に加入する際には、保険金受取人を別の人にしておく必要があるでしょう。

    また、もしもすでに本人受取りにしていた場合でも、妻や他の家族が保険金を請求することも出来ます。