がん保険を年払いで行うためのメリット | がん保険の超初心者ガイド










がん保険を年払いで行うためのメリット

がん保険の保険料支払い方法の一つが年払いなのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

保険料の総額が安くなる

年払いは1年分の保険料を一括で支払う方法で、契約した月に決められた保険料を納める必要があります。
最大のメリットは月払いに比べて保険料がずっと割安だと言うことです。

保険料は契約年齢で決まりますから毎年同じ金額が請求されますので、請求書や払い込み評などが到着次第、振替口座にお金を入れたり、振込用紙を使って支払ったりします。

ではなぜ保険料が年払いだと安くなるのかというと、元々契約年齢で収める年額の保険料は定められており、月払いの場合はこの年額保険料を12で割ってさらに事務手数料などを上乗せします。

しかし年払いはあらかじめ決められた年額保険料を納めることになりますので、手続きは1年に1度ですし、人件費が削減できると言う理由から事務手数料などが上乗せされることはありません。

  • 1件分の保険料を事務処理するのに多大な労力を必要とするため、毎月1回支払いのある月払いはどうしても年払いよりも高くなってしまうのです

  • 支払い時期に保険の見直しができる

    がん保険は1度入ってしまうと中々保障内容の見直しをしないのですが、がん治療は日々進化し、それに伴ってがん保険の内容も変わっています。
    それに気づかずにずっと同じ保障に保険をかけ、いざと言うときに保険金を受け取ることができないと言うトラブルが続出しています。

    • 年払いにすると、1年に1度支払いの通達が届きますので、がん保険を見直すきっかけになります。

    • 親展の封書で保険会社から保険内容の見直しを催促する手紙が届くこともありますが、年払いを選択したときに、1年に1度保険を見直そうという気持ちを持つことができるのです。

      1度決めたことは覚えているものですから自然とがん保険を見直し、死亡保障や治療の補償の範囲など、時代やライフスタイルに合った内容に変えることができるのです。