抗がん剤治療給付金とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










抗がん剤治療給付金とは何ですか?

がんの治療には、いろいろなものがあります。
がん細胞に対して、局所的な治療が行えるのが、手術や放射線治療です。
それに対して、より広範囲の治療効果が期待できるのが、薬物療法の抗がん剤治療です。
がん保険でも、この抗がん剤治療を保障する抗がん剤特約が注目をされています。
抗がん剤給付金について、また抗がん剤特約の必要性についてご紹介します。

抗がん剤治療給付金って何?

抗がん剤治療給付金は、抗がん剤治療を行った時に受け取ることが出来る給付金です。
抗がん剤治療は、がんの転移の可能性があるときや、転移の予防のため、血液やリンパなどのがんの治療で行われる治療方法です。

抗がん剤給付金を受け取るためには、抗がん剤特約をつけておく必要があります。
月額10万円程度が、抗がん剤治療をした際に受け取ることが出来ます。

がんは、他の病気と違って、転移や再発などが恐い病気です。
再発や転移の予防のためには、抗がん剤治療が必要となりますし、治療が長引く可能性も高いのでしょう。
そのための備えとして、抗がん剤特約も入っておくと安心です。
がん治療での薬物療法である、抗がん剤は、腫瘍用薬とホルモン剤があります。
この薬物療法は、それ単独で治療が行われるケースもありますし、手術や放射線治療などと組み合わせて治療が行われるケースがあります。

抗がん剤での治療費は、身体の大きさに左右されます。
抗がん剤が投与される患者さんの身体の大きさに左右されるのです。
患者さんの体重や身体の表面積によって、抗がん剤の使用量が決められているので、体重が重い人や身長の高い人の方が、抗がん剤の治療費が高くなります。

抗がん剤治療特約は必要なの?

副作用があるものの、手術や放射線治療では出来ない、より広い範囲の治療効果が期待できるのが抗がん剤治療です。
では、この抗がん剤給付金を受け取ることが出来る抗がん剤特約は必要なのでしょうか。
厚生労働大臣が承認している抗がん剤を使用する薬物療法の場合には、健康保険の対象となるので、高額療養費制度を受けることができます。

ですから、1ヶ月間の支払い限度額が8万円程度となります。
いくら高額療養費制度を利用できても、抗がん剤治療が長引けば、経済的な負担もかなり大きくなります。
抗がん剤特約をつけていれば、月額10万円程度が受け取れるので、安心して抗がん剤治療を受けることが出来ます。
がんで通院治療をする場合には、抗がん剤を使用するケースが大半です。

安心して治療に専念するためにも、抗がん剤特約は付けておくと良いでしょう。