腫瘍用薬とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










腫瘍用薬とは何ですか?

がんの治療では、一般的に良く知られている、がんを切除するための手術療法以外にも、さまざまな治療方法があります。
腫瘍用薬は、がんの治療方法の中でも、化学療法と呼ばれるものになります。
ここでは腫瘍用薬について、また、がんの三大治療について詳しくご紹介します。

がんの治療で用いられる腫瘍用薬って何?

腫瘍用薬とは、がんの治療の中の化学療法になります。

  • 腫瘍用薬は、一般的に抗がん剤と呼ばれているもので、広い範囲のがん細胞にアプローチすることが出来ます。

  • 腫瘍用薬には、がん細胞を死滅させたり、増殖を抑制するための効果が期待出来ます。
    腫瘍用薬の投与の仕方には、内服や点滴、さらに注射などがあります。
    点滴や注射での投与では、血液を通して腫瘍用薬を身体全身に巡らせることが出来ます。
    手術では除去しきれなかったがん細胞や、とても小さな転移に対して効果が期待できるのが腫瘍用薬です。

    しかし、この腫瘍用薬は、がん細胞に効き目があるのと同時に、正常な細胞にまで作用します。
    脱毛や倦怠感、吐き気やしびれなどの副作用の症状を、どうして避けることが出来ません。
    他にも肝臓や腎臓、骨髄などへ障害が出る可能性があります。
    転移や再発を防止するためには、効果が高く期待出来る腫瘍用薬ですが、このような辛い副作用が出てしまうのがデメリットです。

    しかし、最近では、脱毛や吐き気などの、腫瘍用薬の副作用を和らげることが出来たり、骨髄抑制などの副作用を抑えることが出来る新しい薬も開発されてきており、日常生活が困難になるほどの副作用が出ないようになってきています。
    さらに最近では、正常な細胞には影響を与えないで、がん細胞だけに作用する、分子標的治療薬の開発も進められていて、実用化されつつあります。

    がんの三大治療について

    腫瘍用薬を用いる化学療法は、がんの三大治療の一つです。

    • がんの三大治療には他に、がんを切除する手術療法と、放射線療法があります。

    • 身体にメスを入れて、がん組織を切り取ってしまうのが手術療法です。

      一般的に、がん組織とその周りにある正常な組織も含めて切除されます。
      がん組織を完全に切除することができれば、がんは完治出来ますから、がんの治療方法では、最も直接的な治療法と言えるでしょう。

      放射線治療は、エックス線や、ガンマ線などの放射線を使用して、がんを効果的に安全に治療するものです。
      がん細胞内の遺伝子に効果的にダメージを与えることで、がん細胞を壊すことが出来ます。
      放射線治療は、手術とは異なり臓器を残すことができるなどのメリットがありますが、効果がすぐにあらわれないケースもあります。

      • これらのがんの三大治療は、単独で用いられることもありますし、併用されることもあります。