癌になることが不安です。医療保険だけでは不足なのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










癌になることが不安です。医療保険だけでは不足なのでしょうか?

日本人の死亡原因第一位で、日本人の2人に1人がかかると言われているのが、がんです。
がんになることが不安な方も多いのではないでしょうか。
特に家族を持った時に、将来もしもがんになったら、と不安になり、がん保険への加入を検討される方も多いのではないでしょうか。

しかし医療保険に加入している方は、がん保険って必要なの?という疑問もあるのではないでしょうか。
医療保険は、がんも含めたさまざまな病気やケガを対象とした保険です。
しかし、世の中にはたくさんのがん保険商品が発売されていて、人気があります。
医療保険とがん保険の違いと、がん保険が必要なのかどうかを説明していきます。

医療保険とがん保険の違い

がんも含めた、あらゆる病気やケガに対応しているのが医療保険です。
がん保険は、がんだけを対象とした、がんに特化した保険です。
医療保険とがん保険の違いはここなのですが、ではどうして、がんだけ別に保険が必要になるのでしょうか。

それは、がんという病気の特性がその理由です。

再発や転移の可能性もあるがんは、治療も長期にわたる可能性が高いですし、また先進医療を希望すれば、それだけ高額な治療費も必要となります。

幅広い病気やケガに対応している医療保険だけでは、どうしても不足してしまうので、がんが不安な方や、がんの手厚い保障が欲しい方は、医療保険以外にがん保険にも加入されています。

または、医療保険には加入しないで、がん保険だけに加入していたり、医療保険の特約でがんの保障を上乗せしている方もいます。
がん保険では、がん治療が長引いたり、転移や再入院の際の負担にも耐えられる内容となっています。
医療保険ではどうしても、このような長期化するがんの保障には対応出来ないのです。

がん保険ならではの、がん診断給付金があることも大きなメリットです。
がんと診断された時点で支払われるがん診断給付金は、50万円100万円と高額ですから、がん治療にも安心して専念することが出来ます。
また、最近のがん保険では、先進医療技術料が補てんできる特約や商品も増えています。

がん保険は必要なの?

日本には、公的な医療保険もあります。がん治療も対応していますから、さらに医療保険にも加入していれば、がん保険は必要ないのではと思ってしまうでしょう。
さらに、公的な健康保険には、高額療養費がありますから、万が一、がんになり高額な治療費が必要になっても、月に10万円以下で済むはずなのです。

ただ、がん保険が必要になる理由は、再発のリスクや、術後の放射線治療が抗ガン剤治療を受ける可能性が高いからです。
高額療養費のおかげで、毎月の医療費負担の上限が8万円になったとしても、毎月8万円の負担はかなり大きいものです。
毎月4万円でもかなり大きな負担となります。

治療が長期化するがんを手厚く保障してくれるがん保険に加入していれば、経済的な負担もかなり軽減出来ます。