指定代理人請求について知っておきたい事 | がん保険の超初心者ガイド










指定代理人請求について知っておきたい事

指定代理請求とは被保険者本人に代わって第三者が保険金を請求することができる決まりです。
特約になっているためがん保険加入時に付帯させておく必要があります。

指定代理請求を使うには?

指定代理請求は誰でも自由に使えるわけではありません。
まず被保険者がなんらかの理由で保険金の請求ができないことが大前提となります。

たとえば病気が原因で意識不明の状態が続き自分の意思を伝えられない場合や、本人にはがんだということを告知しておらず、家族だけが知っているような状況が該当します。

こうした条件を満たしている場合のみ、事前に決められた代理人が保険会社に保険金を請求できるようになります。
代理人も保険契約時に決めておかなければならないため誰が代理人となるのか、これも重要な要素となるでしょう。
ただし、代理人になれる人もあらかじめ決められているので注意してください。

指定代理請求を利用できる人

代理人となれる人は一般的に被保険者の戸籍上の配偶者、被保険者の直系の血族、被保険者と同居または生計を1つにしている3親等内の親族とされています。
つまりまったくの他人などは代理人にはなれないのです。
これは指定代理請求を悪用した保険金の搾取などを防ぐための意味もあり、親しい人でなければ代理人にはなれないようになっています。
この条件を満たす人の中から誰か1人をあらかじめ代理人として定めておく形です。

ただし、具体的な条件は保険会社によって多少の違いがありますので誰が代理人になれるのか、これは確実にチェックしておく必要があります。

いざという時に指定代理請求ができないなんてことがないようにしっかり準備をしておきましょう。
また、特約ですから当然ですが付帯させておかなければ利用することができません。

がんは特に末期だと本人に告知しないケースが増えますので指定代理請求特約を付帯させておくのは基本と言えるでしょう。

保険選びをする時は指定代理請求についても比較するべきです。