がん保険の保険金受取人の設定についての注意点 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の保険金受取人の設定についての注意点

保険金受取人とは被保険者が万が一死亡したときなどの場合、保険金を受け取る人のことを言います。
死亡保障がついているがん保険を選んだ場合、大抵配偶者や同居家族を指定するのですが、このがん保険の保険受取人を設定するとき、注意しておきたいことを見てみましょう。

税金に関する注意事項

保険金受取人は保険会社が指定する範囲内に当たる人なら誰でも言いということではありません。

実は契約者が誰で、被保険者が誰で、保険金受取人が誰かによって受け取る保険金にかかる税金が違うのです。

たとえば契約者と被保険者が同じで、保険金受取人を配偶者や子供とした場合は相続税がかかります。

もし契約者と被保険者が夫婦で、保険金受取人を契約者としている場合は所得税が、契約者、被保険者、保険金受取人が親子関係である場合は贈与税がかかります。

具体的な課税内容

相続税を支払わなければならない場合は、契約者と被保険者がご主人、保険金受取人が妻あるいは子供の場合、500万円に法定相続人の数をかけた数を非課税限度額とし、保険金額から差し引いた金額を相続税の課税対象とします。

贈与税になるのは契約者と被保険者が夫婦で保険金受取人が子供の場合、死亡保険金額から110万円を引いた数字を課税所得として贈与税がかかります。

所得税になるのは契約者と被保険者が夫婦で、保険金受取人が契約者の場合です。

一時所得の計算となりますので非常に計算が複雑となっており、満期保険金と配当金を足した数字から払込保険料の総額を引き、さらに特別控除である50万円を引いた数に2分の1を書けた数字になります。
税金の関係を見たとき、有利になるのは相続税なのですが、これは保険金から葬儀費用や生命保険の非課税分を差し引き、さらに基礎控除である1000万円に法定相続人をかけ、さらに5000万円を足した数字が税金の対象になるからです。

つまり、死亡保障金がとてつもなく大きな数字でない限り、税金を取られる心配はないと言うことです。

こうした注意点を見ながら保険金受取人を誰にするか考えて見ましょう。