がん保険の給付金等が受け取れないのは、どういう場合ですか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の給付金等が受け取れないのは、どういう場合ですか?

がん保険は、万が一、がんになった場合の治療費や生活費などに備えるための保険です。
がん診断一時金や入院給付金手術給付金などの給付金ががん保険にはあるのですが、これらの給付金が受け取れないケースがあるようです。
これはいったいどのような場合なのでしょうか。

がん保険の給付金等が受け取れないケース

がん保険に加入する際には、分からないことがたくさんあると思いますが、うっかり見落としていて、受け取れると思っていた給付金が受け取れない、といったことがないようにしたいものです。
がん保険に加入する際には、そのようなことがないように、しっかりと確認しておきたいことがいくつかあります。

まず免責期間についてです。この免責期間というのは、一般的な医療保険や生命保険などにはない、がん保険特有のものです。
医療保険などの場合、一回目の保険料の振込みや申し込み書の提出、健康状態の告知が揃った時点で保障が開始されます。
しかし、がん保険の場合、この全てが揃った時点から、さらに待ち期間として90日間あります。
待ち期間の90日間が経過してから、保障が開始されるのが、がん保険です。

90日間の待ち期間のあいだに、もしも、がんと診断されても給付金を受け取ることは出来ません。

また、がん保険の契約自体が解除されることになります。
また、がん保険の給付金の中で、最も重要で金額が大きいのが、がん診断給付金です。
このがん診断給付金は、1回だけしか支払われないことが多く、2回目以降の給付金があるがん保険でも、条件がつくケースがあります。
がんは、再発や移転の可能性が高い病気ですが、2回目以降は、2年以上経過していることが条件になっていることが多いようです。

がん診断給付金が何回受け取ることができるのか、そして条件なども確認しておくようにしましょう。

また、初期ガンである上皮内新生物の場合には、給付金の対象になっていないがん保険もあります。
上皮内新生物は生存率が100%ということもあり、給付金があっても、支払額が悪性新生物の場合と比較して、かなり減額されることが多いようです。

がん保険の商品によっては、上皮内新生物の場合でも、同じ給付金がおりるものもありますから、加入前には確認をしておきましょう。

告知義務違反にも注意

保険の加入前には、過去と現在の健康状態、病歴などを告知する必要があるのですが、これに間違いがあると告知義務違反となります。
故意ではなく、書き忘れていた場合や、これくらいなら告知しなくても良いだろうとの判断で、知らず知らずのあいだに告知義務違反をしているケースもあります。
告知義務違反になれば、がんと診断されても、給付金が受け取れないケースもありますから、告知内容で分からないことがあれば、保険会社に問い合わせをするようにしましょう。