がんと生物学的療法の関係について | がん保険の超初心者ガイド










がんと生物学的療法の関係について

がんを治療する方法はいくつかありますが、その1つが生物学的療法です。
最近では大きな注目を集めるようになり、国内はもちろん海外でも生物学的療法を選択するがん患者の方は増加傾向にあります。

生物学的療法とは?

生物学的療法は免疫療法、生物療法などとも呼ばれており、人間が持っている免疫力を使ってがんを治療しようという考え方がベースになっています。

より具体的には特定の薬を服用することで体内にある免疫機能を活性化させ、がん細胞を退治してしまおうという仕組みです。

たとえばがんで手術をする場合はがんを切除することが目的であり外科的な治療法です。
放射線や抗がん剤についても外部からがん細胞を死滅させることが目的で、体内の免疫でがんを治療するのとは大きく違います。

人間の免疫機能を利用するという点で生物学的療法は非常に自然な治療法だと言えるかもしれません。
現在では第四の治療法とも言われており、今後ますます広がっていくことが予想されます。

保険は使えるのか?

非常に大事な点が生物学的療法はがん保険を利用して行えるのかでしょう。
生物学的療法は医療費も高く自己負担するのはなかなか厳しいところがあります。
保険金を使って治療できるかどうかは非常に重要なポイントです。

結論から言うとがん保険が使えるかどうかは保険会社ごとに違いがあるのが現状です。
保険会社によっては特約を用意しているところがあり、この特約を付帯させていれば生物学的療法を受けた時にも保険金が出る場合があります。

保険選びをする時に生物学的療法についての対応はどうなっているのか、これを確認することが大切です。

もし生物学的療法を受ける可能性があるならあらかじめ保険金が支払われる保険会社を選んでおかなければなりません。
保険会社の数も多いので大変ですが保険相談サイトなど、インターネットを活用して理想の保険会社を見つけるようにしましょう。
そうすれば治療法の幅も広がり、自分が望む形でがんの治療を行うことができます。