がん保険の解約をするときの注意点 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の解約をするときの注意点

加入していたがん保険を解約して、別のがん保険に加入しようとする人も多いでしょう。
がん保険も年々進化してきており、様々なタイプのものがありますので、自分のライフスタイルに合わせた選択をすることが大切です。
ここではがん保険を解約する時の注意点をいくつか確認してみましょう。

がん保険を解約する時の注意点って?

最も代表的な注意点としては空白期間ができてしまうことです。
ご存知のようにがん保険では待機期間というものが設定されています。
つまり、解約と同時に新規契約をするとなると、この待機期間分の空白が生まれてしまうのです。
この期間にがんが発病してしまうというリスクもありますので、その場合は保障を受けることができません。

ですので、この空白期間をなくすためにも解約をするのであれば、新しいがん保険の契約が成立してから、解約することが重要です。

ある程度、保険期間がかぶってしまうというリスクはあるのですが、空白期間ができてしまうリスクよりはマシだと考えて良いでしょう。

もう1つ、この契約が成立してから保険の乗り換えを行うことのメリットがあります。
それは新しいがん保険に加入できなかった場合のことです。
健康状態が悪化しているなどの条件が重なれば、これまでの保険では受けることができた保障が受けられなかったり、保険料が割高になってしまう可能性があります。
こうしたリスクを背負わないためにも、先に新しいがん保険と契約をして、成立してから解約するのがお勧めです。

解約返戻金で損をするケースもある?

貯蓄性のあるがん保険に加入している場合、新しく加入する保険の予定利率や満期返戻金を考慮する必要があります。
何故かと言うと、現在加入している保険の方がお得になるというケースも珍しくないからです。
また、年齢によってはがん保険に新たに加入することで余計なコストがかかるかもしれません。
その点も鑑みると、必ずしも保険の乗り換えが正解であるとは言えないのです。

解約返戻金とコスト、この2つのこともしっかりと頭に入れて、がん保険の解約は考える必要があります。