がんと先進医療について | がん保険の超初心者ガイド










がんと先進医療について

先進医療とは最新の技術を利用した病気の治療法のことで、がんの治療にも重粒子線治療といった先進医療があります。
手術が難しい場合をはじめとして、先進医療を選択したい場合も多いのですが医療費が自己負担となるところが最大の問題です。

がんと先進医療

上記でも紹介したように先進医療は自己負担しなければなりません。
さらに先進医療と保険が適用される治療を併用する場合、つまり混合診療となる場合は保険診療の3割負担と合わせてかなりの負担額になってしまいます。

最先端の治療を受けられるもののその治療費が高額になってしまう、これが先進医療の現在の課題と言えるでしょう。

ただしその効果に期待できることも間違いなく、たとえば重粒子線治療なら従来の放射線治療よりも体への負担が少なくなり、がんだけを狙い撃ちすることが可能となります。

技術的な意味では非常に優れていますのでいざという時に安心して先進医療を受けられるようにしておく、これが大切なことです。

がん保険と先進医療

先進医療そのものは全額自己負担となりますが、最近ではがん保険の中に先進医療にかかる費用を保障してくれるものも増えてきています。
多くの保険会社が先進医療に対応しており、がん保険に加入するなら先進医療もカバーしておくことが当たり前になっています。

保障を手厚くすることになりますから保険料も高くなってしまいそうですが、先進医療に対応しても保険料はほとんど上がらず、経済的な負担は最小限に抑えることが可能です。
これは先進医療を受ける機会が非常に少ないことが原因で、保険料のことを気にする必要はほとんどないと言えます。
このことを考慮すると保険選びをする時に先進医療に対応しておくのは必須と言ってしまっていいかもしれません。

がん保険にはさまざまな種類があります。

自分に最適なものを選ぶのは難しいと感じることもあると思いますが保険相談を利用してプロのアドバイスを受けるなどして自分が求める保障をしっかりしてくれる保険を選ぶようにしましょう。