がん死亡保険金とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










がん死亡保険金とは何ですか?

日本人の死因、1位のがんですから、死亡保障についても考える方も多いのではないでしょうか。
がん保険にも死亡保険金があります。がん保険の死亡保障の特徴や、必要性などを考えてみたいと思います。

がん保険のがん死亡保険とは・・

がんという病気に特化した保険が、がん保険です。
他の病気と比べて、治療費が高額になりやすかったり、治療も長期化するなど、がんという特有の病気の治療費をカバーするための保険が、がん保険です。
がんの治療のために重点が置かれたがん保険では、日数無制限の入院給付金や、がんと診断された時に受け取ることができる、がん診断給付金が大きなメリットです。

がん治療のための保障をメインとした保障内容であるのが、がん保険ですが、がん保険にも死亡保障が付いています。
がん保険での死亡保障では、がんを原因として死亡した場合のみ保障されるタイプと、死亡原因をがんと特定しない、一般的な死亡保険金と同じタイプがあります。

  • 被保険者が安心して、がん治療を受けることのための保障に重点が置かれたのが、がん保険ですから、保険商品の中には、がん死亡保険の特約が設定されていないものもあります。

  • がん保険のがん死亡保険金は必要?

    では、がん保険のがん死亡保険は必要なのでしょうか。
    がん保険でなくても、死亡保険、生命保険はたくさんあります。
    保険商品の種類で言えば、がん保険よりも、死亡保険の方がたくさんあります。
    数ある死亡保険の中には、たばこを吸わない人であれば保険料が安くなったり、あるいは運用次第で保険金額が増えていくような保険商品もあります。
    がん保険で死亡保険に加入しなくても、より条件の良い死亡保険が他にある可能性が高いのです。
    万が一、がんによってなくなった場合のことも想定して、残された家族のための生活保障を備えておくことはもちろん必要です。

    ただ、がんで死亡した場合にのみ受け取ることが出来るがん死亡保険が必ず必要かといえば、あまりないようにも思えます。
    また一般的な死亡保障を、わざわざ、がん保険につける必要もないように思えます。
    また、がん保険の死亡保険では、死亡保障が数百万円程度となっています。
    がん保険の死亡保険金は、選択肢があまりないこともデメリットです。

    がん保障と、死亡保障は分けて考えた方が良いと言えるでしょう。
    がん保険は、高額になる可能性の高いがん治療を行なう際の、経済的な負担を出来るだけ回避するためのものです。

    • 死亡保障は別にして、がん保険選びでは、入院給付金や診断給付金などを充実させた方が良いでしょう。