定期がん保険はなぜ加入した方が良いのか? | がん保険の超初心者ガイド










定期がん保険はなぜ加入した方が良いのか?

がん患者は年々増加しており、年齢に関係なく発症するものですから、がん保険の必要性も増しています。
定期がん保険は20歳前後から加入できるタイプが多く、若いうちから万が一の事態に備えておくのはメリットが大きいです。
というのも定期がん保険は保険料が安いからなのですが、なぜ加入したほうがいいのか、具体的な理由を見てみましょう。

メリットが大きいこと

  • 定期がん保険に加入することで得られるメリットは保険料の安さにあります。

  • ある保険会社の定期型と終身型の保険料を比べてみると、20歳男性は定期型が1530円なのに対し、終身型は3236円となっています。

    またがん保険を意識しだす40代の保険料を比べても、定期型は男性が3111円、女性が4632円となっており、終身型は男性が8883円、女性が7336円となっています。
    このように、保険料は定期型のほうが断然安く、家計の負担になりませんし、補償内容も変わりませんから、入院給付金やがん診断給付金、手術給付金などを全額受け取ることができるのです。

    日々変化するがん治療に対応できる

    がん治療は日々進歩しており、延命率や治癒率も年々上がってきています。
    そのため昔は入院して手術、長期治療が必要だったがんも、種類によっては通院治療だけで済むような時代になったのです。
    すると20年前に加入したがん保険の内容が、現代のがん治療に当てはまらず給付金を受け取ることができない、と言うことも多く見られるようになりました。

    • 定期がん保険のいいところは、時代のニーズに合わせて保険を見直すことができることです。

    • 5年更新型であれば5年ごとに現代のがん治療とがん保険の内容を照らし合わせることができますから、保障内容も変えていくことができるのです。

      もちろん保険は継続されますから、更新時の保険料を支払い続ければいいということになります。

      • 定期保険は終身保険と違って保険料が定期的に上がっていくのが特徴ですが、メリットの大きさを考えれば加入して損はない保険と言えるでしょう。