がんになったことがある人でも、がん保険には入れますか? | がん保険の超初心者ガイド










がんになったことがある人でも、がん保険には入れますか?

これまでにがんにかかったことがある人でも、がん保険に入ることができるのかどうかは、たくさんの人が疑問に思っていることではないでしょうか。
がんの治療方法の多様化に伴い、がん保険の種類も実に多様化しています。
がんになったことがある人でも、加入できるがん保険はあるようです。

がんになったことがある人でも、がん保険に入れるの!?

これまでのがん保険では、過去にがんと診断されたことがある人は、基本的にがん保険に入ることは出来ませんでした。

しかし最近では、さまざまな保険会社から、がんになったことがある人でも加入できる保険商品が出てきています。
もちろん、加入するためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

  • この加入条件も、各保険会社の商品によってさまざまですが、一定の健康状態を満たすことで、がん保険に加入することが出来ます。

  • 過去にがんになった人が、がん保険に入るための条件とは・・

    ここで紹介するのは、ある保険会社の健康条件の一例です。
    これらの条件が全て該当しなければ、つまり「いいえ」であれば、過去にがんになったことがある人でも、がん保険に入ることができます。

    その条件とは、まず、6ヶ月以内になにか病気をして入院や手術を受けたかどうかです。
    または、6ヶ月以内になにかの病気で医師からの検査や診察を受けており、入院や手術を薦められたことがあるかどうかです。
    もしも該当すれば加入出来ません。そして過去2年間にがんで入院や、手術を受けたことがあるかどうか、また、2年以内に、がんか、肝硬変、肺気腫、塵肺、再生不良性貧血などであると、医師から診断されたことがあるかどうかです。2年以内にこれらのことがあれば、がん保険には加入出来ません。

    さらに女性の場合には、乳房のしこりや乳腺からの異常な分泌物が現在あるかどうかも加入条件となります。
    乳房にこれらの異常がある場合には、がん保険には加入出来ません。
    もしも過去にがんになったことがある人でも、これらの条件をクリアすれば、がん保険に加入出来る保険商品があります。
    がんになれば、高額な治療費が必要になりますし、収入が減少するなどの大きな経済的なリスクが発生します。
    がんになった人でも加入できるがん保険があるのは、とても心強いものではないでしょうか。

    しかし毎月支払う保険料が、どうしても高くなりますから、経済面での負担が大きくなります。
    また、これはがんになったことがある人でも、そうでない人でも同じですが、がん保険に入る前の告知は、正しく行なうことが必須条件です。
    もしも隠していれば、保険会社から調査が入りますから、必ずバレてしまうものです。
    そうなれば保険金の支払いがなくなるのはもちろん、それまで支払っていた保険金も戻りません。

    • がん保険に入るための条件をしっかり確認して、正しく告知をして、安心の備えを持ちましょう。