がん保険の給付金が支払われないようなケースはどういった場合ですか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の給付金が支払われないようなケースはどういった場合ですか?

せっかくがん保険に入っていたのに、いざ、実際にがんになっても保険金が支給されないとなれば、だれでも驚き、大きなトラブルにもなるでしょう。
国民生活センターには、毎年医療保険に関するトラブルが多く寄せられており、がん保険に関するトラブルも目立っているようです。

がん保険でのこのようなトラブルは、加入の際の説明不足などが原因となっていることが多いようです。
トラブルにならないためにも、がん保険の保険金が支払われないケースはどんな時なのかを知っておきましょう。

がん保険に加入しているのに、給付金が支払われないケース

まず、がん保険の保険金が支給されない、がんの種類があります。
粘膜の上皮内にとどまる初期のがんである、上皮内がんの場合には、保険金が支給されないケースや、一時給付金が減額されるがん保険もあります。

また、この上皮内がんであるかどうかの判断が医師によってもまちまちです。
診断する医師によって、がん保険の支払いがあるかどうかが左右されるというわけなのです。
また、がん保険に加入した直後では、がんになってもがん保険は支給されません。
もしも上皮内がんでも保障証対象となっているがん保険でも、責任開始日があることを覚えておきましょう。

責任開始日とはがん保険特有のもので、加入した日から90日が経過した日の翌日が、責任開始日となっています。

これより以前にがんが発覚しても、保険金が出ないので注意が必要です。
他にも、がん保険の商品には、がん治療を目的とする入院が保障対象となっているものもあります。
ですからこのようながん保険に加入している場合、入院しないで通院治療だけの場合には保険金が支給されません。

そして、病歴告知漏れがあった場合にも告知義務違反とされて、契約が解除されます。
がん保険に加入する際には、これまでの病歴や今の健康状態を告知する必要がありますが、これをミスしていた場合には、契約自体が解除されて、がんになったとしても保険金が支払われないことになります。
加入後2年以内に保険金を請求した場合には、保険会社の調査が必ず入りますから、がん保険加入の際の告知は正しく行なうようにしましょう。

また、再発した場合には保険金が支払われないがん保険もあります。
診断給付金と手術給付金が一回のみの条件がある商品では、再発したがんは対象になりません。
がんには再発の可能性が高いので十分に注意が必要です。

がん保険選びはここに注意!

がん保険選びでは、このように保障対象とならないケースがあります。

がん保険選びの際には、これらのミスが起こらないように事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

がん保険の商品もたくさんあるので、しっかりと比較、検討して、トラブルのないようにしたいものです。