がん保険の名義変更で注意しておく事 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の名義変更で注意しておく事

がん保険の契約者は名義変更することができるのですが、簡単に誰でも名義変更できるものなのでしょうか。
条件や契約者になれない人などいないのか、がん保険の名義変更で注意したいことを見てみましょう。

名義変更はできるのか

がん保険の名義変更は契約者、保険金受取人いずれの場合もできますし、複雑な場合も可能です。

基本的に名義変更をしたいという場合は契約している保険会社に連絡し、必要な書類を送ってもらうことになります。
被保険者の同意が必要となりますが、契約者が死亡のため変更したいという場合も契約者を変更後も契約の継続が可能となっています。

  • もし契約者を変更する場合はたいていの場合、名義変更請求書と保険契約者の公的証明書写しが必要となります。

  • ただし契約内容、変更自由により別の書類が必要になるので保険会社に良く確認するようにしましょう。
    受取人の名義変更をする場合も契約者が被保険者の同意を得た上で変更することが可能です。
    名義変更請求書や保険契約者の公的証明書写しが必要となる場合がほとんどですのでこちらも保険会社に確認しましょう。

    複雑な名義変更のパターン

    名義変更をしたいという場合、複雑な事情が絡んでいる場合も多々あります。

    たとえば離婚をし、契約者や被保険者、受取人を変更しなければならない場合、本人が契約者と被保険者である場合は保険会社に申し出るだけでかまいません。
    被保険者が離婚した配偶者だという場合は契約を解約あるいは被保険者の同意の上契約者変更をしなければなりません。

    また契約者が亡くなった場合は契約者の法定相続人の中から契約者を新たに選ぶ必要があります。
    保険料の支払い方法も変わってしまうことがありますので、改めて保険会社に確認しましょう。

    受取人が亡くなった場合は契約者が被保険者の同意の下受取人を変更します。

    • 詳細はやはり契約先の保険会社に問い合わせとなりますので、契約前に担当者に聞いておくのもいいでしょう。