がん保険の契約者変更の方法と注意点 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の契約者変更の方法と注意点

がん保険では契約者の変更ができるのと思う人もいるでしょう。
そこで、ここではがん保険における契約者の変更について考えていきます。

そもそも契約者ってなに?

がん保険に限った話ではありませんが、契約者や被保険者などの言葉があり、これらを混同してしまう人も少なくありません。
そこでまずは言葉の意味から理解しておく必要が出てきます。
がん保険では契約者、被保険者、給付金受取人の3つが設定可能です。
契約者とはがん保険の保険料を支払ったり、契約の変更や解約ができる人のことを指します。
被保険者とは保険の対象となる人のことです。
最後に給付金受取人とは給付金を受け取る人のことになります。
社会人になってから保険に加入する場合は、すべてが本人で契約することがほとんどでしょう。
しかし、若いうちに加入した場合は、親御さんが契約者であり、被保険者が本人というようなケースが考えられます。

契約者の変更はどうやってするの?

  • 基本的に契約者の変更に関しては被保険者の同意を得る必要があります。

  • 仮に契約者が亡くなってしまったというケースでは、契約者のみを変更して契約を継続していくことも可能です。
    方法としては各保険会社で違ってきますので、まずはコールセンターや担当する代理店などに連絡をしてみてください。
    基本的には名義変更の請求書といった書類が送付されてきますので、それに記入をして返送するといった形です。
    この時に保険契約者の公的な証明書が必要となることもあるので、その点は保険会社の指示に従うようにしてください。

    • また、契約者、被保険者、給付金受取人の関係によっては保険金の受け取りにかかる税金が異なることがあります。

    • つまり、保険の契約者を変更することで税金に影響が出る場合もあるので、事前に保険会社と相談をした方が良いでしょう。
      細かい部分のこともあるので、自分の判断だけで契約者変更をしてしまうと後悔するケースもあるので、その点は十分に注意しておくべきです。