化学療法とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










化学療法とは何ですか?

がんの治療方法で代表的なものは、手術、化学療法、そして放射線療法があります。
この3つをがんの三大治療と呼んでいます。
ここではこの三大治療の中の化学療法について詳しくご紹介したいと思います。

化学療法って何?

化学療法とは、抗がん剤を使用して、がんを治療することです。
この抗がん剤には、がん細胞が増殖するのを抑える効果があります。

  • がんの再発や転移を防止するために用いられるのが化学療法です。

  • 手術や放射線療法は、がん細胞を直接的に治療する方法ですが、化学療法では、より広範囲の治療効果が期待できます。
    がんが転移していたり、転移の可能性がある場合、さらに手術が出来ない血液やリンパのがんなどで、化学療法が用いられます。
    化学療法は、病気の状態や、患者さんの生活スタイルに応じて、目的や実施されるタイミングが違います。

    一般的に、数週間から数ヶ月にわたって数回に分けて薬が投与されます。
    進行再発がんの治療や、手術を必要としない血液のがんなどの治療では、化学療法のみが実施されます。
    また、手術と併用して化学療法が実施されるケースもあります。
    手術前に化学療法を用いれば、大きながんを小さくすることができるので、手術で全て除去することが容易になり、除去する部位が小さくなるので出血なども少なくなるので身体への負担が軽減出来ます。

    また手術後に化学療法を用いれば、手術が成功しても万が一、残っているかも知れない小さながんの転移や再発を予防出来ます。
    他に、放射線治療と併用して、化学療法が実施されるケースもあります。
    放射線治療でがん細胞を小さくすると同時に、がんの転移、再発を防ぎます。

    化学療法の保障は必要?

    がん保険には、この化学療法の保障は必要なのでしょうか。
    がんの場合、手術だけで治療が終わる可能性は少ないと言っていいでしょう。
    上皮内新生物や早期のがんであれば、手術でがんを除去すれば、あとは経過観察になり、化学療法も必要ないケースもありますが、それ以外のステージ2期以上のがんであれば、再発や転移の可能性を考えて、手術後に化学療法が行われることが多いです。
    化学療法は、健康保険が適用になりますから、高額療養費制度を申請すれば、毎月の医療費は8万円程度に抑えることが出来ます。

    しかし、毎月の負担額が保険適用で5万円程度になってもそれが数ヶ月、1年、2年と長期にわたる可能性もありますから、トータル的にかなり大きな負担となる可能性が高いでしょう。

    • がん保険では、化学療法の特約も付けておいた方が安心でしょう。