新生物の分類についての基礎知識 | がん保険の超初心者ガイド










新生物の分類についての基礎知識

保険、特にがん保険では新生物という言葉を耳にすることが多くあります。
普段聞き慣れない言葉ですがいったいどんなものなのでしょうか。
新生物はその性質によって分類されていますので基礎知識だけでも把握しておくとがん保険選びをする時などに役立ちます。

良性新生物

そもそも新生物とは腫瘍のことで、良性新生物はがんではない腫瘍のことを指しています。
たとえば子宮筋腫、脂肪腫、血管腫などが該当し、これらは治療をして完治すればその後再発することはまずありません。

  • がん保険の場合、過去にがんになったことがあると再発のリスクから契約できないことがあるのですが良性新生物に該当する病気であれば再発のリスクもないとされるため審査で不利になるようなことはありません。

  • また、一部のがんも良性新生物として分類され、これらは上皮内新生物と呼ばれます。
    上皮内がんが代表的で、がんではありますが治療すれば再発することがまずないためやはりがん保険に加入することができます。
    つまり良性新生物と判断されるものならがん保険加入において特に問題ないわけです。

    悪性新生物

    悪性新生物は簡単に言うとがんのことで、特徴として他の部位への転移、治療後の再発などが挙げられます。

    • 転移や再発のリスクが高いことから悪性新生物が見つかった方、過去にがんになったことがある方はがん保険の契約を断れてしまうことがよくあります。

    • これは転移や再発で加入後保険金を支払うことになるケースが多いからです。
      がん保険において腫瘍が良性か悪性か、これはとても重要な要素になることがわかります。

      ただ、保険によっては悪性新生物が見つかった場合でも加入できる保険もありますので、自分の状態に合わせて最適な保険を見つけて選ぶことがなによりも大切です。
      保険の種類も増えてきているためそれぞれを比較するのは大変ですが保険相談サイトなどを利用して効率良く保険選びをするようにしましょう。
      そうすれば最適な保険を簡単に見つけることが可能です。