がん保険の契約日について気をつける事はある? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の契約日について気をつける事はある?

最近ではがん保険も一般的になってきました。
いわゆる生命保険の1つなのですが、がんに特化した保険ががん保険です。
テレビなどでも良く宣伝をしているので、耳にしたことがあると人も多いでしょう。
ここではがん保険の契約日について注意しておくべきことを考えてみます。

契約日と責任開始日をしっかりと理解しておこう

がん保険に限った話ではなく、生命保険全般に言えることが1つあります。
それは契約日イコール保障の開始日ではないということです。
契約日とは勿論のこと保険会社と契約を結んだ日のことを指します。
一般的にこの契約日から起算して保険の保障は開始されると思ってしまいがちです。
しかし、がん保険の場合は免責期間というのが設けられているのです。

免責期間とは、その間に保障が成立するようなことがあっても責任が免除されますよ、という期間のことです。

つまり、がんに罹っていることがわかったとしても、免責期間であれば保障を受けることができないのです。
この免責期間のことを待機期間、不填補期間という呼び方をすることがあります。

では、責任開始日とはなにかについて話をしましょう。
これは免責期間が切れて、保障がなされる開始日のことです。
つまり、免責期間が終わった翌日からだと考えてください。一般的に待機期間は90日ほどであることが多いですが、契約日と責任開始日については確認をしておく必要があります。

どうして免責期間なんてあるの?

基本的にがんという病気は初期の状態では自覚症状が乏しいのがほとんどです。
がん保険でも健康状態の告知は行われますが、この時には本人もわからなかったというケースが珍しくありません。
がん保険に加入する人というのは、やはりがんについての不安がある人が多くなりますので、健康状態の告知には異常が見られなくても少しの間は様子をみようということになっているのです。

ただし、最近では免責期間がなく、入院給付金などを受け取れるタイプの保険もあるので、色々と相談をしてみると良いでしょう。