契約者貸付に関する制度と知っておくべき情報 | がん保険の超初心者ガイド










契約者貸付に関する制度と知っておくべき情報

がん保険に限った話ではありませんが、契約者貸付制度というものが保険にはあります。
いざという時には、大変便利な制度なので知っておいて損はないでしょう。
ここでは契約者貸付制度について考えていきます。

契約者貸付制度ってなに?

契約者貸付制度とは、保険を解約した時に戻ってくる返戻金を担保にして、保険会社からお金の融資を受ける制度のことです。

融資を受けることができる限度額は、一般的には解約返戻金の7割~9割の範囲内となっていて、各保険会社であったり、保険の種類によって異なってくると言って良いでしょう。
契約者貸付制度を利用できるのは、保険の契約者のみであり、手続きをする場合は所定の書類を提出しなくてはいけません。
当然の話ですが、飽くまでも融資を受けるという形ですので、返済をしなくてはいけませんし、利息というのもついてきます。
契約者貸付制度の利息はどのくらいになるのかと言うと、基本的には契約をしている保険の予定利率に1~2%程度上乗せしたものが多いでしょう。
保険会社によって多少の違いはありますが、近年の保険ではキャッシングなどを利用するよりは低金利で融資を受けることが可能です。

契約者貸付制度での注意点とは?

1つ、注意しておきたい点としては保険が失効してしまう可能性があることです。
契約者貸付制度とは非常に便利な制度であり、返戻金の範囲内であれば何度でも融資を受けることができます。

しかし、借りたものの返済ができない、または返済額が担保となる返戻金の額を超えるなどをすると、保険が失効してしまうのです。

結果、保障を受けられなくなってしまうので、その点は十分に注意が必要です。
基本的に融資を受けた金額を返済していけば、保険の失効が解除されることになるのですが、複利計算された利息によって返済額が増えてしまう可能性もあります。
ですので、契約者貸付制度を利用するのは良いのですが、しっかりとした返済計画を立てておく必要があるでしょう。