がん保険で知っておきたい祝い金 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険で知っておきたい祝い金

がん保険は人気の高い保険の1つです。
そのため多くの保険会社が様々な商品を出しており、各社ともに独自性を出していると言って良いでしょう。
ここではがん保険における祝い金について考えてみます。

祝い金ってなに?

がん保険における祝い金とは、保険を使わずに一定の期間が終了した時にもらえるボーナスだと考えて良いでしょう。
一般的には生存給付金や健康祝い金などがあります。

ただ健康でいるだけで、ボーナスがもらえるとなるので、とてもお得な制度です。

この祝い金ですが、女性のがん保険に多くオプションとしてつけられています。
女性のがん保険とは、簡単に書いてしまいますと女性専用のがん保険のことです。
一般的ながん保険と比較すると、女性特有の疾病に対する保障を充実させており、それらの疾病に罹患した時には、通常のがん保険と比較すると2倍近い給付金を受け取ることができる特徴があります。
具体的には卵巣がんや子宮がん、乳がんといったものが該当しますが、契約時のオプションによっては子宮筋腫や妊娠中毒症、帝王切開などでも給付金を受け取ることができるそうです。

祝い金のつくがん保険の方が良いの?

がん保険を選ぶ時には様々な視点があります。
保険料であったり、保障内容であったりとそれは個人個人によって違ってくるのですが、1つの視点として祝い金があるかないかで選ぶ人も少なくありません。
当然の話ですが、祝い金があるのとないのとでは、実質負担額が違ってきますので、その点を考慮に入れてのことでしょう。
しかし、その反面で保険料が高めに設定されているというデメリットも存在します。

そもそもがん保険は保障内容にもよるのですが、そこまで保険料が高い保険ではありません。
しかし、上であげたように女性専用のがん保険などは保険料もそれなりに高めの設定となっていますので、実質負担額などを考慮すると、損をするのではという可能性もあるのです。

ですので、祝い金があるからと言って、安易に決めてしまうのではなく、しっかりと考えた上で加入するがん保険は選ぶようにしてください。