がん保険というのはクーリングオフは出来ますか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険というのはクーリングオフは出来ますか?

訪問販売や電話での勧誘販売など、特定の取引で契約した場合には、一度契約をした後でも、一定条件を満たすことで、購入者側が一方的に契約を止めることが出来る制度があります。
これをクーリングオフ制度と言います。

これは、がん保険の場合でも利用することが出来ます。
がん保険の場合には、クーリングオフ制度はどのようにすれば良いのか、またクーリングオフ制度について、詳しくご紹介します。

がん保険でもクーリングオフが出来るの?

契約した事について、頭を冷やして考えなおすことができるのが、クーリングオフ制度の大きな意味です。
がん保険や医療保険にも、このクーリングオフ制度があります。
保険会社の営業担当者と、申し込み者には、商品に関する知識などには大きな格差がありますから、営業担当者から強く申し込みを迫られた場合には、冷静に考える余裕もなくなり、契約に至ることもあるでしょう。

クーリングオフ制度によって、一度は契約したものの、本当にその保険が必要なのかどうかを冷静に考えることができます。
もしも、冷静になった考えた結果、必要ないとなれば、一旦申し込みをしたがん保険でも、クーリングオフ制度を利用して、申し込みがなかったことにできます。

クーリングオフの方法

がん保険や医療保険などの保険契約の場合、クーリングオフ制度を利用する際には、8日以内に書面で保険契約の申し込みの撤回、解除の申請手続きが必要になります。
いつから8日以内なのかは、保険会社によっても異なりますが、保険契約の申し込み日か、第一回保険料充当金領収書を受け取った日のどちらか遅い日から、その日を含めた8日以内となっていることが多いようです。

また、保険会社によっては、クーリングオフができる期間を8日よりも自ら長く設定しているところもあるようです。
15日や30日以内などの長期に設定している保険会社もあるので、申し込み時に受け取る、ご契約のしおりで確認してみましょう。

クーリングオフで保険の申し込みを撤回、解除するためには、営業担当者へ口頭で伝えたり、電話で伝えても、効力はありません。

必ず書面で行なう必要があります。はがきでもA4サイズの紙でも、書面であれば、どんな紙でも大丈夫です。
保険会社の中には、クーリングオフ制度専用の用紙が用意しているところもあるようです。

クーリングオフの書面には、契約者の氏名や住所、さらに申し込み撤回の意思を明記します。
この書面は、保険会社の本社、または担当の支社に郵送するのですが、この際には、普通郵便を利用するのではなくて、内容証明郵便で、さらに配達証明付きにしましょう。

8日以内という期限が設けられているクーリングオフ制度ですから、後からのトラブル防止のためにも、内容証明郵便を利用するようにしましょう。