がん保険はクレジットカード払いがお得?メリットとデメリット | がん保険の超初心者ガイド










がん保険はクレジットカード払いがお得?メリットとデメリット

がん保険の保険料をクレジットカード払いにするとどんなメリットがあるのだろうか?こう思った方は、どうぞ以下の解説をご覧になってください。
ここでは、がん保険の支払いをクレジットカードにした場合のメリットとデメリットについて説明しています。

クレジットカード払いのメリット

がん保険の保険料をクレジットカード払いにするメリットには、まず毎月ポイントが貯まることがあります。

  • これはクレジットカード会社で進呈されるポイントですが、毎月クレジットカードを使って支払いを行うたびに、その金額に合わせてポイントが貯まります。

  • ポイントはどんどん蓄積されて商品券等と交換できるようになり、それを使ってお買い物ができるようになります。
    これがまず一つ大きなクレジットカード払いのメリットといえるでしょう。

    • さらに、クレジットカード払いにしておけば、口座残高不足による保険料未払い、契約失効を防ぐこともできます。

    • 例えば、預金口座振替で保険料の支払いを行っている人は、口座にお金があれば自動的に支払いができて便利ですが、口座のお金が不足していると自動引き落としができなくなります。

      さらにそれにずっと気付かないままだと、やがては契約失効になってしまうので、その点で危険があります。
      その点、クレジットカード払いなら、保険料についてはクレジットカード会社が保険会社に支払うので、残高不足に気付かずに保険料が支払えなくなるということはありません。

      クレジットカード払いのデメリット

      一方、クレジットカード払いのデメリットもあります。
      例えば、保険会社によってカードの扱い方が違うという点はデメリットの一つです。
      なぜなら、保険会社によってカード内容の提出の仕方が異なりますが、この違いによって保障の開始時期が違ってきます。

      • 具体的には、QRコードを使った手続きなら保障開始時期が早くなりますが、申込書を書いて提出する場合は、保障開始時期が遅くなってしまいます。