保険料はどのような基準で決まりますか? | がん保険の超初心者ガイド










保険料はどのような基準で決まりますか?

がんになるリスクに備えるのが、がん保険です。
日本人の二人に一人がかかると言われているがんは、日本人の死因の第一位である病気です。
その際の経済的な大きな備えとなるがん保険は、とても種類も豊富でいろいろなプランが用意されています。

しかし、がん保険は、医療保険や生命保険のように必ずしも誰もが加入しているわけではありません。
がんに特化した保険が、がん保険ですから、プラスαで加入される人も多いのではないでしょうか。
そこで気になるのが保険料です。がん保険の保険料はどのような基準で決まるのか、また、がん保険選びのポイントも併せてご紹介しましょう。

がん保険の保険料はどんな基準で決まるの?

がんと診断された際に、経済的に大きな備えとなるのが、がん保険です。
最近では、がんの治療でも、入院治療だけでなく、在宅での治療を選ぶ方もいます。
治療方法も手術、放射線治療、ホルモン療法、抗がん剤治療など、実にさまざまです。

がん保険の保険料は、保障される内容や、契約年齢、保険期間、などが基準となって決まります。

もちろん、がんになった際の保障内容が手厚い方が保険料も高くなりますし、がん保険に契約する年齢が若いほどに、保険料も安くなります。
また、保険期間によっても保険料は違います。
終身型や、定期型、月払いか年払いにするのかによっても、保険料の負担額は違ってきます。
家庭を持っている方であれば、生命保険や医療保険、お子さんの学資保険などが優先されるでしょうから、がん保険の保険料負担は、出来るだけ軽くしたいとお考えの方が多いのではないでしょうか。

しかし、保障内容は出来るだけしっかりとした内容にしたいものです。
女性の場合、女性特有のがんが20代後半にはリスクも上がりますから早めに備えておきたいものです。

保険会社や、がん保険商品によって、保険料と保障内容には大きな違いがありますから、じっくりと比較してみることが大切です。

がん保険選びのポイント

がん保険では、がんと診断された際のがん診断給付金が大きいので、これががん保険選びの大きなポイントになるでしょう。
再発をした場合でも、がん診断給付金が降りるのかどうか、条件付きでおりるのか、また1回だけの給付でも、金額が大きいものが良いでしょう。
がんの入院給付金の支払い限度日数は無制限なのが、がん保険の魅力です。

また、最近では、厚生労働大臣が定めている高度の医療技術を用いた、先進医療も注目されています。
このような医療技術の進歩によって、がんも不治の病ではなくなっています。
再発や長期化する入院など、がん保険を選ぶ際には、さまざまなケースに対応していることも、保険選びのポイントになります。