現在のがんの現状と罹患率について | がん保険の超初心者ガイド










現在のがんの現状と罹患率について

がんは日本人の死因トップ3に入り、日本人の2人に1人が罹患するといわれている病気です。
医療が進歩したといってもいまだ発症する人は後を絶たないのですが、どのくらいの罹患率となっているのでしょうか。

がんの現状

がんは現在1年間で70万人が発症していると言われていますが、がんと診断されても怖がる必要はありません。

もしがんと診断されても、がんの正しい情報をキャッチし、治療方法について理解することで対処することができるでしょう。

現在がんは2人に1人がかかり、3人に1人が亡くなるといわれている病気です。

死亡率は非常に高いのですが、そもそもがんというのは異常な細胞の増殖であり、年齢や何らかの原因で誰でも発症する可能性があるのです。
日本人の死因トップに君臨するがんは30年前から変わらず、男性は大腸がん、肺がんが、女性は大腸がん、乳がんが多いといわれています。

罹患率とがん治療

がんの罹患率は2人に1人ですから50%と言えますが、がんが診断できるほどまでに成長するには10~15年はかかるといわれていますから、年齢によって当然差があります。

特に40代、50代以降のがん罹患率は高く、定期的な健康診断を受ける必要性が高まります。
がん治療は体に負担をかけない治療法が進められており、治療効果を高める薬の開発も行われています。

がんは切除する、抗がん剤を使用するということが常識でしたが、今は専門医、看護師、技師らによって組まれたチームにより、様々な治療を施していくことが求められているのです。

がん治療は今後も進化することは間違いありませんし、がんで亡くなる人が減る可能性もあります。

ですががんにかからない人を0にすることは難しく、後は個人が各々予防していくしかありません。
そうして医療や患者らがんと向き合っていくことで、がんのあり方も徐々に変っていくのです。
現在目標としている治療効果アップ、体への負担軽減、個別化治療、集学的治療を目標に医学は日々進歩していると言って良いでしょう。