知っておくべきがん保険の死亡保険金に関すること | がん保険の超初心者ガイド










知っておくべきがん保険の死亡保険金に関すること

がん保険では治療における費用の保障を重視しがちですが、死亡保険金についてもしっかり考えておく必要があります。
がん保険の死亡保険金は少しややこしい部分もありますので事前にしっかり確認しておきましょう。

がん保険の死亡保険金

がん保険における死亡保障はがんが直接の死因になっている場合のみ支払われる場合と、がん以外の原因で死亡した時でも支払われる場合の2つのタイプがあります。

がん以外の死亡にも対応できるようにするためには後者を選んでおく必要がありますが、それならがん保険とは別に生命保険などに加入し、がん保険はあくまでもがんの治療に対応するためのものと割りきってしまう考え方もあります。

また、がんが直接の死因になった場合のみ保険金が出るタイプもがん以外には対応できないため不便さを感じるかもしれません。
そもそもがん保険はがんの治療のための保険で死亡保障が付けられないものもあり、被保険者が死亡した時のことをよく考えて保険選びをする必要があります。
治療についてももちろん大切なのですが死亡した時のことも考慮しましょう。

がん保険の死亡保障は必要か?

これがもっとも重要なポイントになるでしょう。
がんになったら必ず死亡するわけではなく治療で完治する可能性も十分にありますから難しいところです。

やはりがん保険は治療のために加入しておくと考えるのが基本的です。

保険料のことや支払われる保険金のことを考えても死亡時はがん保険で対応するより生命保険で対応した方が良いことも多く、保険選びの際にしっかり検討しなければなりません。

自分だけで最適な保険を見つけるのが難しい場合はインターネットの保険相談サイトや資料請求などを活用しましょう。
保険相談サイトならプロのスタッフが相談者の状況や希望に合わせて最適な保険商品、そして保険の組み合わせをアドバイスしてくれます。
資料請求と併せて活用すればどの保険が自分に向いているのかが見えてきますのでとても助かります。