がん保険にも死亡保障はありますか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険にも死亡保障はありますか?

他の病気と比べて、治療費がかなり高額なるのが、がんです。
このがんの治療に保障対象を絞っているのが、がん保険です。
一般的な医療保険の場合には、保障の対象となっている病気やケガの範囲がとても広く、がんも保障の対象となっています。

また、被保険者が死亡した後の家族の生活を保障するための死亡保険も用意されています。
医療保険では、高額になるがんの治療費をまかなうことが難しいことが多いために、よりがんの治療に対しての保障を厚くしたい方は、がん保険に加入するのがおすすめです。
一般的な医療保険にはないがん保険特有の、がん診断給付金がありますし、入院給付金や手術給付金、通院給付金などが、医療保険よりも手厚いのが、がん保険の大きな魅力なのですが、被保険者が死亡した場合の、死亡保障はあるのでしょうか。
そして、がん保険の死亡保障は必要なのかを考えてみたいと思います。

がん保険にも死亡保障があるの?

がん保険は、被保険者が安心してがんの治療に専念できることに重点が置かれた保障内容となっています。

がんの治療では、治療費が高額になること、そして治療が長期に及ぶ可能性が高いですから、手厚い保障があるがん保険はとても助かるものです。
被保険者が死亡した後の生活保障のための死亡保障も、がん保険にはあるのですが、医療保険とはまた違いがあります。

がん保険の死亡保障には、がんを直接の死亡原因とする死亡保障と、死亡原因をがんと特定していない、通常の死亡保障が用意されています。

がん保険の場合には、被保険者の死亡後の家族の生活保障はあまり重点が置かれていないので、どのがん保険商品にも、死亡保障の特約があるわけではありません。

がん保険の死亡保障は必要なの?

では、がん保険の死亡保障は必要なのでしょうか。
もちろん他の生命保険などに加入していれば、必要ないですが、他に加入していなかったり、十分な資産がない場合には、死亡保障もつけて備えておく必要が出てくるでしょう。
がん保険以外にもさまざまな保険商品があり、がん保険よりも死亡保険の方が商品数はたくさんあります。
喫煙者ではない場合には、保険料の割引があったり、保険金額が増額されるような死亡保険商品などもあります。

保障額や、保険期間、保険料の支払い期間などの条件が全く同じ場合には、

がん保険の特約で死亡保障をつけるよりも、もっと安い保険料で死亡保険に加入できる死亡保険の商品もたくさんあります。

がん保険と死亡保険は、別々の保険会社から加入できますから、よりお得に加入できる方を選ぶと良いでしょう。