がん保険のメリット・デメリットは? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険のメリット・デメリットは?

日本人の死因の1位であるがんは、とても身近な病気でもあります。
死因1位ということで、とても恐いイメージがあるがんですが、今では医療技術の進歩とともに、適切な治療をすることで、完治する可能性も高い病気となっています。
安心してがんの治療を受けるためにも、やはり健康なうちにしっかりと備えておくことが重要になります。

他の病気と比べて、治療が長期化するがんは、さらに再発や転移の可能性も高い病気です。
だからこそ、がんに特化したがん保険があります。
医療保険で十分ではないの?と思われる方も多いのですが、ここではがん保険に加入することのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。
がんだけを保障対象としているがん保険は、通常の医療保険とは、保障内容がかなり違います。
がんに対する保障が手厚い分、メリット、デメリットがあるようです。

がん保険のメリットは?

がん保険と医療保険の最も違う点であり、大きなメリットが、がん診断一時金があることです。

がんと診断されたら支払われる、がん診断一時金は、多くのがん保険にあります。

がんと分かった時点で受け取ることができる、高額な一時金ですから、健康保険の対象外となっている先進医療や民間医療などの自由診療でも、希望すれば、この一時金で費用を充てることも出来ます。
このがん診断一時金は、1回だけ支払われる商品と、がんが再発した場合でも、一定の期間が経過していれば、複数回支払われる商品があります。
がん診断一時金のメリットはとても大きいですから、これが複数回受け取れる商品がおすすめです。

また、がん保険では、入院給付金の支払い限度日数が無制限となっています。
がんの治療の場合、入院が長引くことも多く、さらに再発や転移などで、入退院を繰り返すことも多い病気です。
医療保険の場合には、入院給付金には支払い限度日数が設定されていますから、がんの治療をカバー出来ない可能性が高いです。
入院給付金に制限がないがん保険に加入しておけば安心して治療に専念出来ます。

対してがん保険のデメリット

がん保険のデメリットは、がんに特化した保険ですから、がん以外の病気やケガには対応していないことです。

ただ、がん保険商品によっては、がん以外の病気やケガの特約をつけることもできますから、その際の入院などもある程度はカバーできるようです。

また、がん保険では、がんの治療に重点が置かれた保険です。
ですから、一般的に死亡保険が少なかったり、あるいは死亡リスクが全く保障されていない商品もあります。
がん保険では死亡リスクがカバーできないことが多いですから、がん保険以外に、死亡保険に加入する必要があるでしょう。
がん保険のデメリットとして他に、医療保険にはない待ち期間がることがあげられます。
通常の保障の開始日から、さらに90日間の待ち期間があるため、この期間にがんと診断されても、保障対象にならず、保険契約自体が無効になります。