指定代理請求特約とは何か? | がん保険の超初心者ガイド










指定代理請求特約とは何か?

保険にはさまざまな特約がありますが、その1つが指定代理請求特約です。
がん保険ではこの特約が役立つ場合も多いので内容についてしっかり把握しておきましょう。

指定代理請求特約とは?

指定代理請求特約は特別な事情により被保険者本人が保険金を請求できない時に、被保険者に代わって指定された代理人が保険金を請求できるようになる特約です。
たとえば被保険者が末期がんである場合、そのことを本人には告げずに家族にだけ告げるケースがあります。

この状態では本人は自分ががんであることを知りませんから保険会社に対して保険金を請求することもありません。
ですが実際には保険金が必要になるため家族が保険金を請求できるようにあらかじめ備えておくための特約というわけです。
また、意識不明の状態などで本人が請求できないケースでもこの特約が使われます。

  • 特に本人へ告知しない場合を考えるとがん保険においてはぜひとも付帯させておきたい特約と言えるでしょう。

  • 指定代理請求ができる人とは?

    指定代理請求特約では保険金を本人に代わって請求できる人をあらかじめ決めておくのですが、条件を満たしていなければ代理人になれません。
    その条件とは被保険者の戸籍上の配偶者であること、または被保険者の直系血族もしくは3親等内の血族であること、または被保険者と同居し、生計を1つにしている3親等内の親族であることです。
    これらいずれかの条件を満たしていないと代理人になることはできませんの注意しましょう。

    ただし、同居し生計を1つにしていれば上記の条件を満たしていなくても代理人として認められる場合もありますので詳細については必ず保険会社に確認しましょう。

    指定代理請求特約は保険料が必要なく、メインとなるがん保険に加入すれば付帯させることができます。

    • 被保険者本人が必ず請求できるとは限りませんので特別な理由がなければ付帯させておくのがおすすめと言えるでしょう。

    • がん保険選びをする時はこの特約についても考慮しておくべきです。