一般的な診断確定に関する事 | がん保険の超初心者ガイド










一般的な診断確定に関する事

診断確定とは医師がさまざまな診察の結果、最終的に病名を確定させることを指します。
がん保険においても非常に重要なものとなりますので保険選びの際には診断確定について必ず確認しておきましょう。

診断確定されなければ保険金は出ない

たとえば、医師ががんの疑いがあると判断するだけでは保険金は支払われません。
疑いだけではがんじゃない可能性もありますからこれは当然で、検査等で確実にがんであると診断される必要があります。

  • がんと診断された時点で給付金がでる保険も多いのですがこれもやはり診断確定がなされてはじめて給付の対象となるわけです。

  • そのためもしがんの可能性がある場合は精密検査をするなどして本当にがんなのかをしっかり確認し、必要に応じて保険金の請求をしなければなりません。
    日常生活で診断確定という言葉を耳にする機会は少ないのですが保険においては重要な意味を持ちますので注意しましょう。

    診断確定されても保険金が出ないケースも

    実は診断確定の正確な定義は保険会社ごとに違い、各社が独自に定めています。
    そのためがんだと診断確定されても保険会社によっては保険金の支払い対象にならないケースも出てくるのです。
    がんかどうかを調べる方法にはいくつかあり、X線検査もその1つですがもし保険会社がX線検査による診断確定を対象としていなければ保険金が出ない形です。

    私達からすれば非常に不便に思える決まりですが、現実問題としてこのように保険会社ごとの違いがありますので保険選びをする時には必ず診断確定についての詳細をチェックする必要があります。
    スタッフに直接聞く、書類をよく見るなどして事前に対応を把握しておきましょう。

    万が一がんになった時に保険金が出ないとなれば治療費などは自己負担しなければならず生活に大きな影響が出てしまいます。

    • いざという時に備えるのが保険ですから万全の準備をし、自分にとって理想の保険を見つけて加入するようにしましょう。