診断保険金は入院をしない場合でも支払われますか? | がん保険の超初心者ガイド










診断保険金は入院をしない場合でも支払われますか?

一般的な医療保険にはないのが、がん保険の診断保険金です。
入院保険金は、がん治療のために入院をすれば支払われますが、この診断保険金はいつ支払われるのでしょうか。
入院や手術をしなくても支払いはあるのでしょうか。診断保険金の支払いがいつあるのか、そしてこの診断保険金の重要さについても、詳しく説明していきます。

診断保険金は、いつ支払われるの?

入院や手術をした際に保険金を受け取って治療に備えるための保険が、医療保険やがん保険です。
がん保険には、一般的な医療保険にはない診断保険金というものがあります。

これは、責任開始日以降に、被保険者が医師からがんと診断された時に支払われる保険金です。
入院や手術などをしなくても、医師からの診断があれば、支払われるのが診断保険金です。
もちろん保険会社に請求をする必要があります。
再発の可能性が高いのが、がんですが、がんが再発した時にも再度診断保険金が支払われる保険商品もあります。
複数回、診断保険金を受け取るための条件には、どのがん保険でも、前回から2年以上経過していることが必須となっています。

また、診断保険金にしても入院保険金にしても、契約の際の告知が正しく行われていることが大前提です。
診断保険金を保険会社に請求した場合には、保険会社からの調査があらゆるところに入りますから、告知は正しく行なうように注意しましょう。

診断保険金があるかないかは大きな違い!

病気に備えるための保険といえば入院保険金や手術保険金のことばかり気になるものですが、実はこの診断保険金はとても大きなものです。
これがあるかないかで、がん治療のための負担もかなり違ってくるでしょう。

  • 診断保険金は、入院や手術をしなくても、すぐに受け取ることができる保険金です。

金額も50万円100万円と、かなりまとまった金額ですから、がん治療のための初期費用や、収入減少によるリスクにもしっかりと備えることが出来ます。

がんは、ステージによって、がんの治療方法や状況によって、高額の治療費が必要になることが少なくありません。
がんを告知されるのは、突然のことですから、誰もが高額の治療費をすぐに用意は出来ないでしょう。
がんという特殊な病気にもしっかりと対応できるように、がん保険ならではの診断保険金が用意されています。
がんは再発も恐いですから、診断保険金が複数回支給される保険商品を選べば安心です。

希望するがん治療を受けるためにも、診断保険金のあるがん保険を選びましょう。