診断給付金とがん保険の関係について | がん保険の超初心者ガイド










診断給付金とがん保険の関係について

がん保険はがんと診断された時点で保険金がもらえる、診断給付金の制度があるものがほとんどです。
すぐにまとまったお金が得られるため今後の治療や入院の費用を考えると非常に便利なもので、がん保険に加入するならこの診断給付金についてしっかり考えることが大切です。

診断給付金とは?

診断給付金とは医師にがんと診断されたら保険金を受け取れる仕組みで、手術給付金や入院給付金とは別に扱われます。
たとえばがんと診断され入院・手術をするとなればそれぞれの給付金を受け取ることが可能です。
入院費と手術費はそれぞれの給付金で対応するとすれば診断給付金はそれ以外のことに使うことができます。

  • 仕事を休むとなれば収入が減りますから生活費に回したり、入院すると意外とお金がかかりますのでその費用に回したりと、必要に応じて使い途を変えられるのが最大の利点です。

  • こうしたことを考えると手術給付金や入院給付金以上に重要なものだと言えるかもしれません。

    診断給付金でチェックしたいこと

    がん保険の中には診断給付金が複数回受け取れるタイプもあります。
    もちろん無条件でというわけではなく一定の条件を満たしていればですが2回、3回と診断給付金を受け取れるものもあり、さらに手厚い保障を受けられるようになっています。

    • 治療が長引くなどすれば1度の給付金では不足してしまう可能性もありますのでできれば複数回タイプ受け取れるタイプを選びたいところです。

    • ただ、当然ですが保険料はその分アップしますので保険料と保障内容のバランスを考え、最適な保険を選ぶことがなによりも重要です。
      状態によっては複数回の給付金が不要なこともありますし、自分にとって必要かどうかをしっかり検討するようにしましょう。

      どうしても判断が難しい場合は保険会社のスタッフ、インターネット上の保険相談サイトなどを活用してプロの意見も聞いてみるのもおすすめです。

      プロの目線から判断してもらえば最適な保険がどんなものかもすぐにわかります。