保険契約と健康体割引について | がん保険の超初心者ガイド










保険契約と健康体割引について

医療保険を安くする一つの方法は、健康体割引を活用することです。
健康体割引は、自分自身が健康であれば受けられる割引制度のことですが、昨今の健康志向の高まりに合わせて注目されている特約の一つとなっています。

健康体割引とは

健康体割引のことを初めて耳にする方もおられるかもしれません。

しかしその仕組みはいたってシンプル、健康体割引とは、本人が一定の基準以上の健康を維持していれば、それによって保険料の割引ができる制度のことです。

割引がなされる金額の幅は保険会社によって異なりますがともかく、身長、体重、血圧などを測定して、その数値が一定基準を満たしていれば、健康体割引の適用対象になることができます。

なぜこうした割引サービスができたのかといえば、保険の加入者が健康であればあるほど、保険会社が保険金を支払う確率は低くなるからです。
しかし、何らかのてこ入れがなければ率先して健康になろうとする人は少ないので、保険料の割引を誘い水にして健康志向を高めようと推進した取り組み、それが健康体割引であるといえます。
昨今はだだでさえ健康志向が高まっているので、これからますます健康体割引の適用対象になる人が増加してくることが予想されます。

ネットで加入できるダイレクト医療保険

一方、健康体割引以外にも医療保険を安くできる方法があることを知っておくといいでしょう。

例えば、営業担当者を通さず、インターネットから直接加入できる医療保険に加入すれば、月々の保険料を安く抑えることができます。

なぜなら、ネット型のダイレクト医療保険の場合、人件費、施設運営費等でコストがあまりかかっていないので、その節約分を保険料に反映させることができるのです。
つまり、保険料にのしかかるコスト分が低く抑えられるので、結果として保険料が安くなるというわけです。
ただし、営業担当者がつかない分、保障内容については自分で選ぶ必要がありますし、契約期間中の住所変更などについても自分で申請しなければなりません。