保険会社の5年ごと利差配当付保険って? | がん保険の超初心者ガイド










保険会社の5年ごと利差配当付保険って?

がん保険にただ入るのもいいのですが、将来的な利益が期待できる特約を付けて入ることもできます。
その一つが「利差配当付保険」ですが、この利差配当付保険では保険の運用収益の剰余金が配当されるため、契約者にとってはとてもメリットがあります。

利差配当付保険とは

利差配当付保険はがん保険に限らず他の保険商品にもありますが、要するに、保険の運用収益における剰余金が契約者に分配される保険のことをいいます。
種類はいくつかありますが、最も多いのは「5年ごと利差配当付保険」です。

  • 5年ごとの利差配当とは、5年間の運用収益の中で剰余金が発生した場合に、その配当金を5年ごとに分配する仕組みのことです。

  • 保険会社によって対応は異なりますが、この5年ごと利差配当付保険がもっとも一般的であるといえます。
    なお、剰余金とは、見込んだ運用収益を越える収益部分のことであり、実際の運用収益が見込んだ運用収益を上回らない場合は、配当金が支払われることはありません。

    利差配当付保険のデメリットと注意点

    以上のように、剰余金の還元が分配されることは利差配当付保険の大きなメリットです。
    ところがその一方で、デメリットや注意点があることも知っておかなければなりません。

    まず一つは、剰余金の分配はあくまでも見込んだ収益を上回った場合だけであり、収益がよくなかったときには何の分配もありません。
    しかも、現在の経済状況からいえば、運用収益を確実に上げることはとても難しくなっていますので、それに伴って剰余金の分配もあまり期待できる状況ではありません。
    こうした点は一つのデメリットとして見ておかなければなりません。

    また、剰余金の分配が期待できる一方で、利差配当付保険に入ると、月々の保険料は高くなってしまいます。

    • ちゃんと配当があればメリットがありますが、配当がなければただ保険料コストが高いだけになってしまうので、こうした場合もデメリットになります。

    • このように、利差配当付保険にはメリットとデメリットがあることを覚えておきましょう。