がん保険の資料請求の判別のポイント | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の資料請求の判別のポイント

がん保険は最近の流行りであると言っても良く、多くの保険会社が力を入れていることから、保険商品にも様々なものがあります。
結果、どのがん保険にすれば良いのか迷うという人も多く、資料請求をしてみたものの判断できないという人は少なくありません。
そこでがん保険を資料請求した時の判別ポイントを考えてみましょう。

がん保険の資料請求で気をつけるポイントとは?

まずがん保険の資料請求をした時に見るべきポイントは、どんな保険内容なのかということです。
様々なタイプの商品がありますが、大きくは3つにわけることができます。

  • バランスのとれたタイプ一時金が充実したタイプ治療費を実損補填してくれるタイプの3つです。

  • がん保険において最も多いのがバランスのとれたタイプになります。
    少額な保険料でも加入できるものがあるので、とりあえずがん保険に加入したいという人にはお勧めかもしれません。
    近年、注目を集めているのが一時金が充実したタイプです。
    がんだと告知を受けた時に一時金として大きな金額を受け取ることができるので、使い勝手が良いタイプだと言って良いでしょう。
    最後に実損補填タイプですが、これはかかった治療費を実費で保障してくれるという形になります。
    基本的にがん保険では決められた給付金を受け取ることになるので、赤字になってしまう可能性というのも少なくありません。
    しかし、このタイプの場合は実際にかかった費用を補填してくれるので赤字になるということはないのです。
    こうした保険のタイプから自分にあわせて選んでいくことが重要になります。

    がん保険資料請求でチェックしたいポイントは?

    • がん保険を選ぶ上で確認したいのが一時金がどのように支払われるのかという話です。

    • 1回のみという保険もあれば、複数回の支払いに対応しているものもあり、どちらが得かと言えば、やはり複数回支払いがある方でしょう。
      また、上皮内新生物でも支払いの対象になるのかというのもポイントです。
      特に女性の場合は上皮内新生物と診断されるケースが多いので、この点は十分に考慮しておきましょう。