がん保険の免責事由についての知っておきたい事 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の免責事由についての知っておきたい事

がん保険には様々な免責事由があるのですが、加入する前に知っておきたい免責事由もあります。
たとえはがん保険金が下りない場合などがあるのですが、保険会社が違ってもこの免責事由はほとんど同じです。

ではがん保険に加入する前に覚えて起きたい免責事由とは何でしょうか。

免責事由とは

  • 免責事由というのは保険会社が保険契約者に対して保険金を支払う責任から逃れる理由のことを言います。

  • 対義語として支払事由がありますが、免責事由が何になるかというのは保険契約に基づいて決められることですから一概にこうすると保険金が支払われないということはありません。
    ですがいざというときに保険金を請求し、保険金を支払うことができないといわれることもありますので、契約約款などを見ておくことが大切です。

    がん保険の主な免責事由

    がん保険で免責事由が成立する主な理由を見てみると、どの保険会社にも3つの共通点があります。

    • 1つは待機期間にがんと診断されることなのですが、これは申込書を提出し、健康状態の告知を行い、1回目の保険料の払込すべてが完了した日から90日間になります。

    • この90日を終えて初めて責任開始日となるのですが、待機期間中にがんと診断されても保険は適用されません。
      待機期間は告知の段階でがんを自覚していなくても、実はがんにかかっていた場合があるためにあります。
      つまり保険会社はがん保険の悪用をされないために90日間の待機期間を設けているのです。

      またがん保険の対象が上皮内新生物であった場合保障を受け取ることができないことがあります。

      他にも保険契約前にがんを発症していた、保障内容の条件が不十分、告知義務違反、保険契約の執行、重大事由あるいは免責事項に該当すると言う場合免責事由が適用されがん保険が適用されませんので注意しましょう。

      • ただしがん保険の一部には待機期間を設けていないタイプもありますので、もし健康状態に不安を感じているという方は併せて検討してみるといいかもしれません。