がん保険の保険料の払込免除になる時はどんな時か? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の保険料の払込免除になる時はどんな時か?

がん保険に加入したものの、もし保険料を支払えないような重篤な状態に陥ったとき、保険料はどうなるのでしょうか。
実はがん保険には払込免除という制度が設けられているのですが、これは一体どのようなときに適用されるのか見てみましょう。

がん保険料払込免除特約

保険会社の多くはがん保険に対してがん保険料払込免除特約を設けていますが、これは保険会社が定める悪性新生物の診断を受けた場合、保険料の払い込みが免除されるというものです。

  • 条件としては、悪性新生物の診断を受けたのが医師からであり、さらに生まれてはじめてであること、責任開始日以降の診断であることです。

  • もしも責任開始日、つまり保険料の第1回支払日あるいは告知日から90日以内にがんと診断されても、保険契約は解除となり保障を受けることはできません。
    保険料払込方法や支払った回数、経路などに関係なく適用されるものです。

    適用される範囲と注意点

    保険料払込免除が適用される例を具体的に見てみると、中等度以上の要介護状態と言われています。

    これは衣服の着脱や入浴、食事、排泄が自分では難しい状態であり、公的介護保険において要介護3以上の状態といえます。
    注意点としては皮膚における悪性黒色腫以外の皮膚がんや上皮内新生物と診断された場合は保険料の払込免除に該当しません。
    この保険料免除の条件は保険会社によって異なり、ある保険会社はがんと診断されなければ払込免除になりませんし、ある保険会社は要介護状態と診断されれば払込免除が適用されます。

    また保険料の払込免除特約をつけると、当然ながら保険料は高くなります。
    どのくらい高くなるかは保険会社によって違いはありますが、400~500円くらいが一般的のようです。

    では保険料払込免除特約の必要性はあるのかというと、人によって違います。
    保険料払込免除特約自体の保険料は数百円ですから微々たる物ですが、それでも家計に負担となってしまうという方もいるでしょう。

    • 考えるべき点は、がんと診断され長期入院治療が必要となったとき、収入がどれだけ減るのかということです。

    • なお40~50代のがん保険加入では保険料も高くなりますので定期保険や新規加入の際は良く考えるようにしてください。