女性向けのがん保険とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










女性向けのがん保険とは何ですか?

がん保険や医療保険にも実にいろいろな種類がありますが、女性向けのがん保険という商品もあります。
女性特有のがんなどの病気に、特に手厚い保障が付いているのが女性向けのがん保険です。
女性向けのがん保険に加入していれば、どんなメリットやデメリットがあるのが、さらに女性向けのがん保険は必要なのかどうかも考えてみましょう。

女性向けのがん保険って何?

日本人の国民病とも言えるがんは、死因の第一位ともなっているとても恐い病気です。
テレビでも、がん保険のコマーシャルは頻繁に目にしますね。
中でも最近よく見かけるのが女性向けのがん保険です。この女性向けのがん保険と一般的ながん保険では、どのような点が違うのでしょうか。

一般的ながん保険でも、女性特有のがんも保障されていますが、女性向けのがん保険では、この女性特有のがんになった場合の保障額が、一般的ながん保険よりも大きいことが一番の特徴です。

入院給付金などは、通常のがん保険の2倍近くと、とても手厚い保障内容となっています。
女性向けのがん保険で保障の対象となるのは、乳がんや子宮がん、卵巣がんなどの女性特有のがんや、さらに子宮筋腫や出産時の妊娠中毒症、流産や、帝王切開なども含まれます。

一般的ながん保険よりも、さらに女性特有の疾患に手厚い保障が付いている女性向けのがん保険では、やはり一般的ながん保険と比較すれば保険料は高くなっています。
一般的ながん保険の場合、毎月の保険料は1,000円~3,000円程度なのですが、女性向けのがん保険では、月額2,000円~4,500円程度となっています。
また、女性向けのがん保険では、設定していた期間終了後に生存していた場合の生存給付金などのオプションも用意されています。
生存給付金以外にも、入院や手術の給付金を一度ももらわずに期間が満了した場合には、健康祝い金などを受け取ることができる商品が多いようです。

女性向けのがん保険のメリットとデメリット

ではここで、女性向けのがん保険のメリットとデメリットを整理してみたいと思います。
女性向けのがん保険のメリットは、一般的な病気に加えて、女性特有の病気に対する保障が手厚いことです。
妊娠や出産に関する手術などにも対応していることもメリットです。

また、健康だった場合には、ボーナスがもらえることも大きなメリットです。
デメリットは、やはり毎月の保険料が高めであることです。

妊娠や出産、子宮や卵巣に関わる、女性特有のリスクに特化しているのが、女性向けのがん保険です。30代あたりからリスクも高まるので、心配な方は、早めに加入するようにしましょう。