がん保険の有期払込っていったい何? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の有期払込っていったい何?

有期払込と言うのは一定年齢あるいは一定期間で保険料の払い込みを終了することです。

保険料の支払い方法は大きく分けて2つあり、一定期間で終わらせるタイプと一生涯契約を解約しない限り支払い続けるタイプがあります。
では有期払込の特徴やメリット、デメリットについてみてみましょう。

有期払込とは

有期払込は保険料の支払を一定の年齢あるいは期間で終わらせる方法で保障は契約期間中ずっと続きます。
がん保険の有期払込が有効なのはほとんどの場合終身保険ですから、たとえば払込を60歳で終える場合、保険料の支払は60歳までで、がん保険の保障は一生涯受けられることになります。

なお有期払込を選択すると、終身保険となるため満期がありませんから、満期保険金を受け取ることはできません。
対義語として保険料を一生涯支払い続ける終身払いがありますが、この2つの言葉はお互いのメリットがお互いのデメリットになります。

有期払込のメリットとデメリット

  • では有期払込を選択するメリットは何かというと、保険料の支払が一定期間で終わるため、家計の負担が年齢を重ねてから少なくなるということです。

  • たとえば60歳払い込みの場合、60歳までは一定の保険料を納めなければなりませんが、払い込み期間が終了すると保険料を支払わなくても済むことになりますから、定年退職後一気に収入が減ったとしても家計の負担にならないのです。

    • 一方のデメリットは何かというと、保険料の払い込み期間が決められている分保険料が高くなることです。

    • 終身払いよりも1ヶ月に支払う保険料は高いのですが、寿命によっては支払い総額が有期払込の方が安くなることもありますので、契約年齢によって決めるのも一つの方法です。

      有期払込のがん保険はほとんどの保険会社が扱っていますので、保険料の支払い方法をどうしようか考えている方は保険担当者に相談してみると良いでしょう。

      検討する際は有期払込のメリット、デメリットを照らし合わせた上で考えてみてください。