がん保険の注意喚起情報で押さえておきたい事 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の注意喚起情報で押さえておきたい事

がん保険を契約するときに必ず渡されるのが注意喚起情報なのですが、これには保険契約する上で大切なことがたくさん書かれています。
しかしあまりにも細かい字でたくさんのことが書かれていますので、面倒に感じて読まないという方も多いです。
ではがん保険の注意喚起情報でチェックしたい項目にはどのようなことがあるのでしょうか。

保険料の第1回払い込みと保障の開始日

注意喚起情報には告知のことなど様々なことが書かれているのですが、まずチェックしたいのが保障の開始時期です。
実は契約をして保険料の第1回目を支払ったら保障開始とはならないのががん保険です。

  • がん保険の申し込みが始まるためには第1回の保険料払い込みが完了してから90日後になります。

  • なぜならこの90日の間にがんと診断された場合、がん保険を契約する前からがんを発症していた可能性があり、悪質な契約者の中にはがんを発症しているのを隠して契約する人もいるからです。
    がんは早期発見、早期治療が必要な病気ですから、90日もほうっておくことは医師から叱責を受けることになりますし、寿命を縮めることになります。
    しかし90日を過ぎてからがんと診断された場合は第1回の保険料払い込みが終わった時点で始まる責任開始期以降の発症と判断されるのです。

    給付金の請求方法と契約の変更

    万が一保障開始後にがんと診断された場合、どのように給付金を請求すればいいのかが注意喚起情報には書かれています。
    またがんの場合、本人の意識がない、意思表示ができない状態であることもありますので、その場合代理で保険金を請求できる人は誰か書かれていますのでしっかり確認しておきましょう。

    さらに契約後、一度解約して新たに別の保険を契約する際はどのようなことに注意しなければならないのか、引き受けできない条件は何かもチェックしておきましょう。
    他にも保険会社の財政状況などによって給付金が削減される場合がありますし、解約した場合の返戻金の有無についても書かれています。

    • もし何か分からないことがあったときの相談窓口も注意喚起情報に記されていますので、あらかじめ確認しておきましょう。